カテゴリー「中小私鉄」の記事

2020年1月25日 (土)

【紀州鉄道学門駅と紀勢線プチ乗り歩き】

20-01-04_9558

 1月4日土曜日。紀州鉄道乗り歩き・・・というか沿線歩きをして西御坊から紀伊御坊まで歩いて、さらに学門駅までやって来ました。受験シーズンだけにさぞや・・・と思っていましたが、駅には誰もいませんでした。

20-01-04_9508

 駅自体は殺風景な駅なんですが・・・日高高校、日高中学校の前にあるということで学門という名前が付けられ、入場券も販売されるほどの駅となっています。もっとも駅は無人で、入場券を当駅で入手することはできません。入場券はお隣の紀伊御坊駅で販売されています。

20-01-04_9518

 ホーム端には学問地蔵があり、ここでお参りするとご利益があるかどうかは自分の努力次第ですね。

20-01-04_9538

 ホームからでは狭いので外から見ると学問地蔵の全景が見られます。

20-01-04_9693

 学門から紀州鉄道に乗って御坊に戻りました。御坊からは再び紀勢線に戻って下津駅を訪問しました。

20-01-04_9703

 下津駅に到着すると普通御坊行きがやって来ました。こちらは225系5100番台でした。

20-01-04_9734

 下津駅は無人駅で、駅周辺は広く紀陽銀行のATMなどが設置されており、町が形成されていました。

20-01-04_9778

 大阪に戻るため電車待ちしていると上り線を289系が通過していきました。くろしおの時間でもないので臨時かと思っていたら回送でした。

20-01-04_9796

 下津からは223系普通和歌山行きで和歌山まで戻り、和歌山から紀州路快速に乗って帰阪しました。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2020年1月24日 (金)

【ミニ鉄道紀州鉄道をさらにプチ乗り歩き】

20-01-04_9367

 1月4日土曜日。紀勢線プチ行脚で印南まで行き、印南から御坊まで戻りました。御坊からは紀州鉄道の乗り歩きです。

20-01-04_9310

 印南からは225系5100番台普通で御坊へ移動しました。227系となかなか見分けがつきにくいですね。とは言え車内はこちらはゴージャスな転換クロスシートです。

20-01-04_9315

 紀州鉄道KR300には迎春のヘッドマークが付けられていました。

20-01-04_9355

 早速御坊から紀州鉄道に乗って終点の西御坊までやって来ました。久々の西御坊です。

20-01-04_9377

 西御坊は昔来た時とあまり変わっていない感じでしたが、駅自体は少し綺麗になった感じがします。

20-01-04_9400

 西御坊からは歩いて紀州鉄道各駅を行脚しました。まずはお隣の市役所前駅へ。

20-01-04_9436

 市役所前からさらに歩いて紀州鉄道のキーステーションの紀伊御坊へ。南側から紀伊御坊駅構内を望みました。

20-01-04_9442

 紀伊御坊駅は立派な駅舎がある有人駅です。紀州鉄道のグッズなども販売されています。

20-01-04_9448

 御坊側にはキハ603が展示されていました。一番最初に紀州鉄道を訪問した時にはこれに乗りましたねぇ。懐かしい話です。紀州鉄道もなんやかんやで3回ほど乗ってますね。

20-01-04_9466

 ほんまち広場603と付けられているキハ603の展示。

20-01-04_9476

 北条鉄道から移籍してきたキテツ2も紀伊御坊駅の構内に留置されていました。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2019年10月18日 (金)

【伊賀鉄道を乗り歩く~ニンジャの里を乗り歩く3~】

19-09-22_1912

 9月22日日曜日。市部で電車の待ち時間をのんびり過ごして、再び伊賀鉄道乗り歩きに戻りました。ローカル線乗り歩きなんですが、意外にせわしない各駅探訪です。もう少しゆっくり見て回った方がいいのですが、質より量を求める悪い癖が発動されています。

19-09-22_1919

 四十九駅は2018年3月17日に開業した新しい駅でイオンタウン伊賀上野前の副駅名が付けられており、駅近くにイオンタウンがあります。

19-09-22_1924

 四十九駅はまだ新しい駅です。駅名自体は以前あった駅と同じ駅名ですが、旧駅からは300mほど離れています。

19-09-22_1965

 四十九からは丸山へ移動。ここでの待ち時間は非常に少ないため、さっさと駅舎を見物してホームに戻りました。まさに行ったり来たりのせわしない道中です。1日かければもう少しゆっくり見て回れるんですが・・・。

19-09-22_1990

 丸山からすぐ折り返し電車に乗って桑町までまた戻りました。

19-09-22_1997

 桑町駅はなかなか風情のある木造駅舎でした。

19-09-22_2006

 木造駅舎は小ぎれいに整備されており古さを感じさせません。

19-09-22_2028

 桑町からは最後の行脚で比土まで移動しました。

19-09-22_2034

 比土まで来たところでパラパラ雨が降って来ました。ここも行き違い設備があったようで、構内は意外に広いです。

19-09-22_2084

 伊賀神戸方には行き違い設備があった名残で線路が少し振っています。

19-09-22_2149

 比土からは最後に上林駅を訪問して伊賀鉄道全線全駅を制覇しました。伊賀上野までは行ってませんが、以前に2度ほど乗車しているので今回は省いて大阪方面へと戻りました。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2019年10月17日 (木)

【伊賀鉄道を乗り歩く~ニンジャの里を乗り歩く2~】

19-09-22_1617

 9月22日日曜日。伊賀鉄道乗り歩き続編。西大手から上野市まで歩き、忍者市駅を見物。忍者市て・・・何回見ても忍者市て・・・て思います。忍者だったと言われる芭蕉像と忍者市駅の駅舎と絡めて撮影。忍者市駅は見物だけで終えて、続いて広小路まで歩きました。

19-09-22_1670

 広小路駅は上野市市街地の中にあります。ここは以前も上野市から歩いて訪問したことがありました。

19-09-22_1697

 広小路からは数分の待ち時間で伊賀神戸行きに乗車しました。

19-09-22_1713

 広小路から依那古へ移動。依那古は以前は行き違いができたようで駅構内は広かったです。

19-09-22_1763

 続いて猪田道を訪問。ここは行き違い待ち時間を利用して駅を見物しました。

19-09-22_1777

 あまり時間がないのでササっと対岸まで行って駅舎を撮影してまた乗ってきた電車に乗り込みました。

19-09-22_1807

 猪田道から茅町へ移動しました。茅町は行き違いができ、駅員も配置されている大きな駅でした。伊賀鉄道では係員が車内で集札業務を行っていますが、ここは改札業務を行う形です。

19-09-22_1827

 伊賀鉄道の各駅は自動券売機がある駅はありますが、自動改札機などはなくICカードの利用もできません。伊賀鉄道ではJR西日本がやっているような車載型のICカードリーダーの導入が現実的でしょうね。

19-09-22_1854

 茅町からは市部へ移動。市部駅は1面1線で、周辺は何もないところでした。少し離れたところに住宅地があるようですが、のどかな伊賀の里の風景が展開されています。

19-09-22_1879

 のんびりした時間が流れている市部駅付近の風景。リラックスできる風景ですね。とは言え、反対側は車がブンブン走っており、あまり落ち着かないところがありますけどね。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2019年10月16日 (水)

【伊賀鉄道を乗り歩く~早朝のニンジャの里を乗り歩く~】

19-09-22_1488

 9月22日日曜日。前日の三岐鉄道行脚に続いて伊賀鉄道行脚に出ました。近鉄週末フリーパスを使っているのに近鉄に乗らずに旧近鉄の路線を乗り回しています。茨木市始発の電車に乗って大阪難波発6時05分の賢島行き特急に乗り込みました。前日は6時00分のアーバンに乗りましたが、この日は後発のビスタカーに乗り込みました。

19-09-22_1466

 伊賀神戸で特急から降りて伊賀神戸で伊賀鉄道の1日乗車券を購入しました。

19-09-22_1539

 まずは伊賀神戸から新居まで乗り通しました。新居駅は伊賀上野駅の一つ手前の駅です。車内は日曜日なのに高校生で満員でした。満員の車内も上野市で大きく空いて、上野市~伊賀上野間の利用の少なさを実感しました。

19-09-22_1534

 新居駅は伊賀上野の一つ手前にあるため、近くをJR関西本線が走っています。ちょうど伊賀鉄道と関西線が分かれる地点から少し入ったところに新居駅はあります。

19-09-22_1545

 新居からとなりの西大手まで1駅移動。伊賀上野からの電車は意外に乗っており、新居駅も中学生を中心に利用が多かったです。

19-09-22_1567

 西大手で降りて、西大手からは待ち時間が長いので、上野市まで歩きました。

19-09-22_1585

 西大手から上野市までは歩いて10分ほどです。途中上野城を見ながら歩きました。以前は上野城まで散策しましたが、この日は乗り歩き優先で観光はなしです。

19-09-22_1596

 上野市駅は・・・いつの間にやら忍者市駅になってました。忍者市って・・・うどん県みたいなもんでしょうか。しかし忍者市て・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2019年10月15日 (火)

【あすなろう鉄道内部線を乗り歩く~この日2度目のナロゲージ~】

19-09-21_1080

 9月21日土曜日。三岐線乗り歩きを終えて近鉄富田に戻り、近鉄富田からは今回あまり乗っていない近鉄名古屋線で四日市へ移動。またまた近鉄には乗らずに今度はあすなろう鉄道の乗り歩きに向かいました。

19-09-21_1266

 あすなろう四日市駅の自動券売機でフリー切符を購入しました。

19-09-21_0903

 まずは終点の内部駅に向かいました。内部駅は車庫が併設されています。

19-09-21_0912

 以前来たときより駅舎はきれいになっていたように思います。自動改札機と自動券売機が設置されている北勢線に対して、あすなろう鉄道は自動券売機こそ設置されども、自動改札機は設置されていません。その代わり車両の更新に力が入れられている印象です。

19-09-21_0927

 乗り歩き効率化のため、お隣の小古曽まで歩きました。折り返し時間の有効活用で訪問駅を増やすというのは各駅探訪をやってからよく活用するようになりました。

19-09-21_0942

 続いて追分に移動しました。追分で降りて、ここから待ち時間を利用して泊までまた歩きました。

19-09-21_0961

 追分駅も無人化されていますが、なかなか立派な駅でした。駅前の踏切は車通りがかなり多かったですね。まぁ三重県も鉄道がそれなりに充実はしてますが、どっぷり車社会に浸かってますね。

19-09-21_1008

 追分から泊まで歩いて到着。9月半ばでもまだまだ蒸し暑いです。

19-09-21_1064

 追分では行き違い待ちがあるため、泊から歩いた次第です。

19-09-21_1095

 最後に赤堀を訪問してあすなろう鉄道乗り歩きを終了しました。赤堀からも待ち時間を利用して近鉄四日市まで歩きました。

19-09-21_1119

 赤堀駅の前には神木のような大きな木が立っていました。

19-09-21_1292

 赤堀から近鉄四日市まで歩く道中では浜田信号所跡を撮影しました。

19-09-21_1334

 近鉄四日市からは17時19分の特急賢島行きに乗り、津でアーバンライナーに乗り換えて帰阪しました。結局この1日は近鉄を往復利用しただけにとどまりました。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2019年10月14日 (月)

【三岐鉄道三岐線乗り歩き3】

19-09-21_0608

 9月21日土曜日。伊勢治田駅で折り返して西藤原へ向かいました。

19-09-21_0588

 途中先頭車から太平洋セメントの引き込み線を見物。先ほど入替していた貨物列車の姿が見えました。

19-09-21_0593

 工場の先の高架線にも貨車の列が延びてました。

19-09-21_0621

 終点の西藤原も2度目の来訪です。こちらは貨物列車の乗り入れはありませんが、庭園鉄道が整備されており、駅構内にもSLやELが展示されていました。

19-09-21_0639

 駅舎もなんだかトーマスを彷彿させるSL型の建屋でした。

19-09-21_0714

 西藤原からは車庫がある保々まで戻りました。保々では乗ってきた電車が車両交換のため、乗ってきた人のほとんどが近鉄富田行きに乗車していきました。

19-09-21_0769

 三岐線の車両が集う保々車庫。貨物列車を牽引する機関車もここに留置されています。

19-09-21_0814

 保々からは最後に大安を訪問。なかなか縁起のいい駅名ですね。

19-09-21_0827

 ホーム1面1線の小さな駅ですが、駅舎はかなり立派・・・というか大安図書館の中に入居しているという方が正しいです。図書館を併設する駅というのは初めて見ました。これまで近畿圏の各駅をかなり訪問しましたが、本格的な図書館は初めてですね。

19-09-21_0866

 大安からは近鉄富田まで戻って名古屋線に乗り換えて急行で四日市へ移動しました。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2019年10月13日 (日)

【三岐鉄道三岐線乗り歩き2】

19-09-21_0318

 9月21日土曜日。三岐線乗り歩きの旅第2弾です。丹生川から三岐線に入り、梅戸井を見て回り、貨物列車を見送って東藤原へ向かいました。

19-09-21_0286

 東藤原は貨物の拠点で、側線が多く、貨車が留置されていました。

19-09-21_0299

 駅舎は小ぎれいなレンガ造りのメルヘンチックな建屋でした。貨物の入替などの作業にあたる作業員が多いためか、駅業務も作業服を着た人が兼任しているようでした。

19-09-21_0304

 小野田セメントのホキ5700貨車が駅前に展示されていました。

19-09-21_0323

 先ほど梅戸井で見た貨物列車がちょうど東藤原駅の奥にある太平洋セメント藤原工場まで回送されるところでした。工場で荷の積み下ろしをしてまた富田方面へと向かいます。

19-09-21_0364

 貨物の回送を終えて、機関車だけが東藤原駅に戻って来ました。

19-09-21_0423

 名古屋地区でよく見かける白ホキも留置されてました。

19-09-21_0463

 次の普通電車で伊勢治田に移動しました。伊勢治田も以前訪問済みですが、そのころはあまり各駅を見て回る趣味はなかったので、今回再訪した次第です。

19-09-21_0261

 木で作られた駅名板が特徴的な伊勢治田駅。駅構内は広く側線が広がっていますが、車両の留置はありません。

19-09-21_0523

 隣の丹生川で電車が行違うため、短時間を利用して駅を見物しました。

19-09-21_0563

 続いて西藤原行きに乗って終点の西藤原へと向かいました。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2019年10月12日 (土)

【三岐鉄道三岐線乗り歩き】

19-09-21_0026

9月21日土曜日。朝から三岐鉄道北勢線を乗り歩いて、麻生田からは三岐線に転戦するため歩きました。30分ほど歩くと三岐線の丹生川に着きます。以前は阿下喜から伊勢治田まで歩きましたが、今回は違う駅からということで麻生田から丹生川まで歩きました。雨が降って来そうでしたが、何とか持ってくれました。丹生川到着時にはポツポツ来ましたが、それほどひどくはなりませんでした。丹生川は二度目の来訪で、以前にも見物した貨物鉄道博物館にあるSLなどを見物しました。残念ながら貨物鉄道博物館は開館されていなかったため、外からSLだけ見ただけでした。

19-09-21_0036

 駅側にもスイッチャーとタンク車が展示?されていました。

19-09-21_0048

 丹生川駅は有人駅で、切符の販売も行われています。以前切符を買った時には硬券でしたが今も硬券なんでしょうかね。今回はフリー切符使用のため切符は購入してません。

19-09-21_0074

 丹生川で電車待ちの間に貨物列車がやって来ました。歩いてきた途中にも踏切で貨物列車を見かけましたが、電車の本数が毎時1本の運転となっているのは貨物列車を運転しなければならないという事情もありそうです。

19-09-21_0117

 丹生川からは西藤原へ向かう電車はスルーして近鉄富田に向かう電車で梅戸井へと移動しました。

19-09-21_0162

 三岐鉄道三岐線の電車は近鉄の息がかかった北勢線と違って、西武電車が大活躍でした。

19-09-21_0173

 梅戸井駅も有人駅でした。各駅とも駅員が配置されているのが北勢線とは違うところで、反対に自動改札機や自動券売機の設置はありません。省力化という点では北勢線の方が進んでいますが、三岐線は貨物列車運行という役目もあるため、有人駅とする方がいいのでしょうね。

19-09-21_0218

 梅戸井でも列車待ちの間に貨物列車がやってきたので撮影できました。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2019年10月11日 (金)

【三岐鉄道北勢線乗り歩き~ナロゲージを楽しむ3~】

19-09-21_9840

 9月21日土曜日。三岐鉄道北勢線乗り歩き第3弾です。楚原から再び西桑名方面へ戻り大泉駅へやって来ました。大泉駅は2004年に大泉東駅と長宮駅を統合して設置された新しい駅です。地元農産物販売施設うりぼうを併設してます。

19-09-21_9863

 農産物販売のうりぼうを併設する大泉駅舎。駐車場も整備されており、ここでもパークアンドライドができる環境になっています。

19-09-21_9868

 うりぼうといえば猪なんですが、なんでか巨大たぬきが出迎えてくれる農産物直売所うりぼう。

19-09-21_9918

 再び阿下喜行きに乗って阿下喜方面へ移動しました。

19-09-21_9937

 北勢線最終目的地は阿下喜ではなく麻生田駅をチョイスしました。ここまでくるとかなりローカルな雰囲気が漂っており、楚原からの駅間距離もこれまでになく距離がありました。

19-09-21_9958

 ローカルな無人駅でも自動券売機、自動改札機が設置されています。ICカードが利用できないのが欠点ですが、自動改札機が設置されているので、取りこぼしも減っているのではないでしょうか。

19-09-21_9974

 駅前からはコミュニティバスも発着してましたが、時間が合わないので断念して、三岐線の丹生川まで歩きました。以降は三岐線乗り歩きへと続きます。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

より以前の記事一覧