カテゴリー「国鉄形」の記事

2018年11月17日 (土)

【105系が最後の活躍を続けるJR和歌山線を乗り歩く3】

18_10_07_7192

 10月7日日曜日。JR和歌山線行脚第3弾です。打田駅から105系普通奈良行きで紀伊長田へとやって来ました。紀伊長田は単面ホームの駅で、駅の周りは畑があるのみといった感じでした。

18_10_07_7163  駅の近くに厄除観音寺があったので、寄ってみたかったのですが、如何せん寺まで行くほどの時間がなかったので、軽く断念して普通和歌山行きで折り返しました。

18_10_07_7207  紀伊長田からは岩出駅へとやって来ました。ここからはデータイムの30分毎運転区間に入ります。とはいえ、岩出で行き違いをするため、岩出では次の電車まで30分待ちとなりました。ここで食料を調達しようと駅周辺をうろついてみましたが、食料を調達できるような店が見当たりませんでした。いやいやコンビニの1件でもというのがなかなか見つからないのがローカル線なんですね。よろず屋でもいいんですけど、最近はそれもありませんね。

18_10_07_7262  岩出から一旦王寺方面へ向かって下井阪で下車。ここでの折り返し時間はわずかでしたが、単面ホームの駅ながら乗降が多く、駅周辺には何もないものの、少し歩けばロードサイドに店もあり、なかなか岩出駅周辺よりも町を形成してました。やっぱり地方はロードサイドの方が便利ですね。鉄道もそこを活かしてロードサイドの店舗があるようなところに駅を造るのも一手かもしれません。旧市街地の再生というのは言葉では簡単でもなかなかうまくいくものではありませんからね。

18_10_07_7297  続いて田畑と住宅街が入り混じる紀伊小倉へとやって来ました。ここは和歌山市の郊外で、まだまだ景色はローカルですが、ちょっと空気が変わって来るなという印象を受けます。

18_10_07_7337  紀伊小倉から普通粉河行きで1駅戻って船戸へ。ここは紀ノ川を渡る鉄橋に近い駅です。できれば撮影して帰りたいところですが、如何せん電車の本数が少ないので、軽く断念して折り返しました。

18_10_07_7400  船戸からもう少し行脚を続けようかと思っていましたが、如何せん腹も空いてきたので、折り返しの普通和歌山行きで和歌山まで戻りました。

18_10_07_6548  和歌山へ向かう途中新在家で227系の姿をちらっと見ました。もう何本か出場しているようで、来春のダイヤ改正までに運用を開始するかもしれませんね。227系導入に伴い、和歌山線でもICカードの利用ができるようになりますが、車上搭載のICリーダーが設置されるため、和歌山駅には中間改札が設置され、チェックできるようにしてますね。まぁ、これは紀勢支線のICカード利用開始の意味合いもあるのでしょうが、和歌山線でもICカード利用ができるようになるのは喜ばしいところです。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月20日 (水)

阪和電鉄を忘却の彼方に見る~和泉府中など阪和線中南部を歩く~

16_07_02_0649

 7月2日土曜日。阪和ブルーを追う旅も後半戦です。早朝から巡ってきて、紀伊から大阪府内へと戻って来ました。まずは和泉砂川から見物。和泉鳥取にも寄りたかったのですが、乗った紀州路快速が通過したので和泉砂川までやってきた次第です。またの機会に和泉鳥取を訪問して阪和線コンプリートを目指したいところです。

16_07_02_0725 和泉砂川駅の駅舎は古いですが、三角屋根でなかなかモダンな造りですね。阪和モダニズムとでも言いましょうか…阪和電鉄と言い南海と言い歴史的な建造物はなかなかおしゃれな感じがします。

16_07_02_0653 出ました阪和線の新しい顔。225系5100番台紀州路快速です。4連はこれが初撮影となりました。

16_07_02_0684 そして土曜朝の日根野以南ラストとなる103系普通天王寺行きも撮影。この後の紀州路快速で日根野へ移動しました。

16_07_02_0778 日根野名物分割併合も見物。なんか久々に紀州路快速と関空快速の併結シーンを見ました。

16_07_02_0941 鉄道ファンなら思わず用を足したくなる日根野駅前にある225系が描かれた公衆トイレ。

16_07_02_1009 日根野から熊取に移動して、ここでも103系を撮影しました。日根野以北では、土休日ダイヤでも上りは多少遅めの時間帯まで103系が見られますね。

16_07_02_1114 熊取から東岸和田へ移動して高架駅を見物…でしたが、駅舎は完成しておらず、まだ地上駅舎を使用してました。いやぁ和泉砂川もそうでしたが、東岸和田もなかなか味のある駅舎ですね。これがなくなるのは寂しい気もします。この後はもうちょっと行脚を続けるつもりでしたが、暑さに負けて一旦ブレイク。昼を挟んで続いては西へと向かいました。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月14日 (木)

和歌山県内で阪和ブルーを追う~六十谷・紀伊~

160702hanwa103hk6052

 7月2日土曜日。紀伊中ノ島から普通で1駅移動して六十谷へとやって来ました。阪和線行脚も兼ねながら阪和ブルーを追いかける旅です。

16_07_02_0432 六十谷駅は阪和電鉄の匂いはしませんが、国鉄の比較的新しい駅舎という感じの駅舎でした。

160702hanwa283hb6022 六十谷では103系のほかに283系特急くろしお1号も撮影。381系パノクロなきあと、唯一のパノクロとなっている283系です。

16_07_02_0557 続いて紀伊駅に移動。駅前は狭い道路に車往来が激しく、歩く人は結構危ないシチュエーションですね。まさに車社会といった感じですが、紀ノ川の対岸からの利用も多いようなので、バスや車の恩恵に預からないといけない駅でもあるようです。

16_07_02_0501 和歌山行き普通の午前中最終便をケツ討ち撮影。このあと103系が紀伊にやってくるのは日が暮れてから深夜に差し掛かる前になります。

16_07_02_0579 紀伊駅でも103系阪和ブルーが撮れました。これが午前中和歌山乗り入れの最終の天王寺行きです。これにて紀伊から撤収。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月12日 (火)

和歌山線ホーム跡に思いを馳せて~阪和線紀伊中ノ島駅~

16_07_02_0161

 7月2日土曜日。山中渓から新鋭の225系5100番台普通和歌山行きに乗って紀伊中ノ島まで移動しました。各駅探訪のつもりでやって来た紀伊中ノ島駅でしたが、地味な駅ですが、なかなか見所の多い駅でした。

16_07_02_0185 ホームは築堤上にあり、一見高架駅風に見えますが、高架駅ではないです。ホームの屋根の支柱は、なかなか面白い造形をしており、レトロ感満載です。

16_07_02_0235 紀伊中ノ島駅舎。かなり古い木造の建屋ですが、瀟洒な感じがしますね。駅は無人駅で、ICカードのみ対応の改札があるのみ。駅前には、今や希少価値の高い駅前旅館がありました。

16_07_02_0240 こちらは旧和歌山線の紀伊中ノ島駅ホームから阪和線を望む景色。私が生まれる前に廃止となっているので、かなり年数が経っているにも関わらずホーム跡があるというのは摩訶不思議です。駅周辺は結構時間が止まったような景色が多く見られます。

16_07_02_0313 近くには和歌山市へと向かう紀勢支線が走っています。紀伊中ノ島からの和歌山線は紀和で紀勢線に合流してました。その名残もあり、和歌山線から和歌山駅を経由して紀勢支線へと直通する電車は、JR発足時にも見られました。

16_07_02_0254 ホームに戻って撮影。上りホームからカーブを描いて進入する上り電車が撮れます。289系くろしお6号がやって来ました。特急の方は、昨年一足先に、阪和線新時代を迎えていますね。

16_07_02_0286 またまたやって来ましたHF604編成普通天王寺行き。先ほど紀伊中ノ島まで乗った編成とはまた別物でした。阪和線の普通も豪華になりましたなぁ…座席はちょっと減った気がしますけど。

16_07_02_0342 続いては205系1000番台普通天王寺行きと223系普通和歌山行きのコラボ。223系の普通和歌山行きは、以前からきのくに線で見られましたが、和歌山以北でも見られるようになりました。阪和線世代交代の画が見られるのもわずかな期間になりそうです。撮るなら今のうちですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)