カテゴリー「ローカル線」の記事

2019年10月17日 (木)

【伊賀鉄道を乗り歩く~ニンジャの里を乗り歩く2~】

19-09-22_1617

 9月22日日曜日。伊賀鉄道乗り歩き続編。西大手から上野市まで歩き、忍者市駅を見物。忍者市て・・・何回見ても忍者市て・・・て思います。忍者だったと言われる芭蕉像と忍者市駅の駅舎と絡めて撮影。忍者市駅は見物だけで終えて、続いて広小路まで歩きました。

19-09-22_1670

 広小路駅は上野市市街地の中にあります。ここは以前も上野市から歩いて訪問したことがありました。

19-09-22_1697

 広小路からは数分の待ち時間で伊賀神戸行きに乗車しました。

19-09-22_1713

 広小路から依那古へ移動。依那古は以前は行き違いができたようで駅構内は広かったです。

19-09-22_1763

 続いて猪田道を訪問。ここは行き違い待ち時間を利用して駅を見物しました。

19-09-22_1777

 あまり時間がないのでササっと対岸まで行って駅舎を撮影してまた乗ってきた電車に乗り込みました。

19-09-22_1807

 猪田道から茅町へ移動しました。茅町は行き違いができ、駅員も配置されている大きな駅でした。伊賀鉄道では係員が車内で集札業務を行っていますが、ここは改札業務を行う形です。

19-09-22_1827

 伊賀鉄道の各駅は自動券売機がある駅はありますが、自動改札機などはなくICカードの利用もできません。伊賀鉄道ではJR西日本がやっているような車載型のICカードリーダーの導入が現実的でしょうね。

19-09-22_1854

 茅町からは市部へ移動。市部駅は1面1線で、周辺は何もないところでした。少し離れたところに住宅地があるようですが、のどかな伊賀の里の風景が展開されています。

19-09-22_1879

 のんびりした時間が流れている市部駅付近の風景。リラックスできる風景ですね。とは言え、反対側は車がブンブン走っており、あまり落ち着かないところがありますけどね。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2019年10月15日 (火)

【あすなろう鉄道内部線を乗り歩く~この日2度目のナロゲージ~】

19-09-21_1080

 9月21日土曜日。三岐線乗り歩きを終えて近鉄富田に戻り、近鉄富田からは今回あまり乗っていない近鉄名古屋線で四日市へ移動。またまた近鉄には乗らずに今度はあすなろう鉄道の乗り歩きに向かいました。

19-09-21_1266

 あすなろう四日市駅の自動券売機でフリー切符を購入しました。

19-09-21_0903

 まずは終点の内部駅に向かいました。内部駅は車庫が併設されています。

19-09-21_0912

 以前来たときより駅舎はきれいになっていたように思います。自動改札機と自動券売機が設置されている北勢線に対して、あすなろう鉄道は自動券売機こそ設置されども、自動改札機は設置されていません。その代わり車両の更新に力が入れられている印象です。

19-09-21_0927

 乗り歩き効率化のため、お隣の小古曽まで歩きました。折り返し時間の有効活用で訪問駅を増やすというのは各駅探訪をやってからよく活用するようになりました。

19-09-21_0942

 続いて追分に移動しました。追分で降りて、ここから待ち時間を利用して泊までまた歩きました。

19-09-21_0961

 追分駅も無人化されていますが、なかなか立派な駅でした。駅前の踏切は車通りがかなり多かったですね。まぁ三重県も鉄道がそれなりに充実はしてますが、どっぷり車社会に浸かってますね。

19-09-21_1008

 追分から泊まで歩いて到着。9月半ばでもまだまだ蒸し暑いです。

19-09-21_1064

 追分では行き違い待ちがあるため、泊から歩いた次第です。

19-09-21_1095

 最後に赤堀を訪問してあすなろう鉄道乗り歩きを終了しました。赤堀からも待ち時間を利用して近鉄四日市まで歩きました。

19-09-21_1119

 赤堀駅の前には神木のような大きな木が立っていました。

19-09-21_1292

 赤堀から近鉄四日市まで歩く道中では浜田信号所跡を撮影しました。

19-09-21_1334

 近鉄四日市からは17時19分の特急賢島行きに乗り、津でアーバンライナーに乗り換えて帰阪しました。結局この1日は近鉄を往復利用しただけにとどまりました。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2019年10月14日 (月)

【三岐鉄道三岐線乗り歩き3】

19-09-21_0608

 9月21日土曜日。伊勢治田駅で折り返して西藤原へ向かいました。

19-09-21_0588

 途中先頭車から太平洋セメントの引き込み線を見物。先ほど入替していた貨物列車の姿が見えました。

19-09-21_0593

 工場の先の高架線にも貨車の列が延びてました。

19-09-21_0621

 終点の西藤原も2度目の来訪です。こちらは貨物列車の乗り入れはありませんが、庭園鉄道が整備されており、駅構内にもSLやELが展示されていました。

19-09-21_0639

 駅舎もなんだかトーマスを彷彿させるSL型の建屋でした。

19-09-21_0714

 西藤原からは車庫がある保々まで戻りました。保々では乗ってきた電車が車両交換のため、乗ってきた人のほとんどが近鉄富田行きに乗車していきました。

19-09-21_0769

 三岐線の車両が集う保々車庫。貨物列車を牽引する機関車もここに留置されています。

19-09-21_0814

 保々からは最後に大安を訪問。なかなか縁起のいい駅名ですね。

19-09-21_0827

 ホーム1面1線の小さな駅ですが、駅舎はかなり立派・・・というか大安図書館の中に入居しているという方が正しいです。図書館を併設する駅というのは初めて見ました。これまで近畿圏の各駅をかなり訪問しましたが、本格的な図書館は初めてですね。

19-09-21_0866

 大安からは近鉄富田まで戻って名古屋線に乗り換えて急行で四日市へ移動しました。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2019年10月13日 (日)

【三岐鉄道三岐線乗り歩き2】

19-09-21_0318

 9月21日土曜日。三岐線乗り歩きの旅第2弾です。丹生川から三岐線に入り、梅戸井を見て回り、貨物列車を見送って東藤原へ向かいました。

19-09-21_0286

 東藤原は貨物の拠点で、側線が多く、貨車が留置されていました。

19-09-21_0299

 駅舎は小ぎれいなレンガ造りのメルヘンチックな建屋でした。貨物の入替などの作業にあたる作業員が多いためか、駅業務も作業服を着た人が兼任しているようでした。

19-09-21_0304

 小野田セメントのホキ5700貨車が駅前に展示されていました。

19-09-21_0323

 先ほど梅戸井で見た貨物列車がちょうど東藤原駅の奥にある太平洋セメント藤原工場まで回送されるところでした。工場で荷の積み下ろしをしてまた富田方面へと向かいます。

19-09-21_0364

 貨物の回送を終えて、機関車だけが東藤原駅に戻って来ました。

19-09-21_0423

 名古屋地区でよく見かける白ホキも留置されてました。

19-09-21_0463

 次の普通電車で伊勢治田に移動しました。伊勢治田も以前訪問済みですが、そのころはあまり各駅を見て回る趣味はなかったので、今回再訪した次第です。

19-09-21_0261

 木で作られた駅名板が特徴的な伊勢治田駅。駅構内は広く側線が広がっていますが、車両の留置はありません。

19-09-21_0523

 隣の丹生川で電車が行違うため、短時間を利用して駅を見物しました。

19-09-21_0563

 続いて西藤原行きに乗って終点の西藤原へと向かいました。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2019年10月12日 (土)

【三岐鉄道三岐線乗り歩き】

19-09-21_0026

9月21日土曜日。朝から三岐鉄道北勢線を乗り歩いて、麻生田からは三岐線に転戦するため歩きました。30分ほど歩くと三岐線の丹生川に着きます。以前は阿下喜から伊勢治田まで歩きましたが、今回は違う駅からということで麻生田から丹生川まで歩きました。雨が降って来そうでしたが、何とか持ってくれました。丹生川到着時にはポツポツ来ましたが、それほどひどくはなりませんでした。丹生川は二度目の来訪で、以前にも見物した貨物鉄道博物館にあるSLなどを見物しました。残念ながら貨物鉄道博物館は開館されていなかったため、外からSLだけ見ただけでした。

19-09-21_0036

 駅側にもスイッチャーとタンク車が展示?されていました。

19-09-21_0048

 丹生川駅は有人駅で、切符の販売も行われています。以前切符を買った時には硬券でしたが今も硬券なんでしょうかね。今回はフリー切符使用のため切符は購入してません。

19-09-21_0074

 丹生川で電車待ちの間に貨物列車がやって来ました。歩いてきた途中にも踏切で貨物列車を見かけましたが、電車の本数が毎時1本の運転となっているのは貨物列車を運転しなければならないという事情もありそうです。

19-09-21_0117

 丹生川からは西藤原へ向かう電車はスルーして近鉄富田に向かう電車で梅戸井へと移動しました。

19-09-21_0162

 三岐鉄道三岐線の電車は近鉄の息がかかった北勢線と違って、西武電車が大活躍でした。

19-09-21_0173

 梅戸井駅も有人駅でした。各駅とも駅員が配置されているのが北勢線とは違うところで、反対に自動改札機や自動券売機の設置はありません。省力化という点では北勢線の方が進んでいますが、三岐線は貨物列車運行という役目もあるため、有人駅とする方がいいのでしょうね。

19-09-21_0218

 梅戸井でも列車待ちの間に貨物列車がやってきたので撮影できました。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2019年10月11日 (金)

【三岐鉄道北勢線乗り歩き~ナロゲージを楽しむ3~】

19-09-21_9840

 9月21日土曜日。三岐鉄道北勢線乗り歩き第3弾です。楚原から再び西桑名方面へ戻り大泉駅へやって来ました。大泉駅は2004年に大泉東駅と長宮駅を統合して設置された新しい駅です。地元農産物販売施設うりぼうを併設してます。

19-09-21_9863

 農産物販売のうりぼうを併設する大泉駅舎。駐車場も整備されており、ここでもパークアンドライドができる環境になっています。

19-09-21_9868

 うりぼうといえば猪なんですが、なんでか巨大たぬきが出迎えてくれる農産物直売所うりぼう。

19-09-21_9918

 再び阿下喜行きに乗って阿下喜方面へ移動しました。

19-09-21_9937

 北勢線最終目的地は阿下喜ではなく麻生田駅をチョイスしました。ここまでくるとかなりローカルな雰囲気が漂っており、楚原からの駅間距離もこれまでになく距離がありました。

19-09-21_9958

 ローカルな無人駅でも自動券売機、自動改札機が設置されています。ICカードが利用できないのが欠点ですが、自動改札機が設置されているので、取りこぼしも減っているのではないでしょうか。

19-09-21_9974

 駅前からはコミュニティバスも発着してましたが、時間が合わないので断念して、三岐線の丹生川まで歩きました。以降は三岐線乗り歩きへと続きます。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2019年10月10日 (木)

【三岐鉄道北勢線乗り歩き~ナロゲージを楽しむ2~】

19-09-21_9557

 9月21日土曜日。三岐鉄道北勢線乗り歩き続編です。蓮花寺駅から東員行き普通で東員まで移動しました。電車は東員到着後は大泉方にある車庫に引き上げていきました。東員は折り返し電車の設定もあり、大きな有人駅でした。

19-09-21_9567

 駅前には大きなロータリーがあり、各方面への路線バスやタクシーが発着してました。バスは三岐線山城方面などへ運行されており、両線の乗り潰しなどにも利用できそうです。

19-09-21_9602

 東員には留置線もあり、3両編成の電車が1本留置されていました。

19-09-21_9636

 続いては七和駅に移動しました。ここも無人駅ながら自動改札機、自動券売機が設置されていました。

19-09-21_9663

 構内踏切付近にある緑のテントが近鉄を感じさせてくれますね。

19-09-21_9755

 七和から楚原行きで楚原へと移動しました。楚原駅の麻生田駅までの間に有名な眼鏡橋などがあります。以前撮影に来たことがあります。

19-09-21_9770

 楚原駅も立派な駅舎があり、駅員も配置されています。

19-09-21_9829

 楚原駅の手前には急こう配があり、上がったり、下がったりで、吊り掛け駆動のモーターが唸りを上げて走ります。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2019年10月 9日 (水)

【三岐鉄道北勢線乗り歩き~ナロゲージを楽しむ~】

19-09-21_9535

 9月21日土曜日。この3連休は近鉄週末フリー切符を使用して近鉄沿線の中小私鉄を乗り歩いてきました。いつも通り大阪難波発6時00分の始発のアーバンライナーで移動しました。いつもは津で降りて、塩浜に向かって塩浜貨物を撮るのですが、今回は津から名伊特急に乗り換えて桑名へ向かいました。桑名で早速近鉄から離れて三岐鉄道北勢線の乗り歩きに入りました。

19-09-21_1165

 津から桑名までは22600系をチョイスしました。最近はコンセント付き車両を選ぶと22600系か22000系リニュ車になるので便利です。桑名駅は改良工事中で、工事が完了すると橋上駅舎になるようです。

19-09-21_1173

 珍しい5200系準急が停車してました。近鉄の撮影はこれだけで、後は三岐鉄道乗り歩きとなりました。

19-09-21_1220

 西桑名駅で三岐鉄道の1日乗り放題パスを購入。北勢線と三岐線が乗れて1100円なり。お得かもしれませんね。西桑名から星川まで移動しました。

19-09-21_9398

 星川駅はショッピングセンターに隣接しており、パークアンドライドができる環境です。大きな星のマークが特徴の駅舎には自動改札が完備されています。

19-09-21_9439

 続いて上り電車で一つ手前の在良へ戻ります。鉄道むすめ楚原れんげのマーク付の車両がやって来ました。

19-09-21_9459

 在良では列車交換の光景が見られました。ここも自動改札が設置されていますが、無人駅のため、インターホンでフリーパスを提示して改札を開けてもらって下車します。

19-09-21_9478

 折り返しに時間があったので、在良駅から隣の蓮花寺駅まで歩きました。

19-09-21_9501

 蓮花寺駅も駅前に広大な駐車場が整備されており、パークアンドライドができる環境でした。各駅ともきれいに整備されており、無人化されていますが、自動券売機、自動改札が設置されています。駅設備はローカル線としてはかなり整備されていますね。この後はここからさらに北勢線を進んでいきます。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2019年9月25日 (水)

【JR山陰本線東部区間を乗り歩く~和知・立木~】

190831_0801

 8月31日土曜日。18きっぷで山陰本線東部を乗り歩きました。鍼灸大学前、安栖里と見物して和知へと移動しました。

190831_0719

 和知駅は特急も停車する主要駅ですが、委託駅で切符の販売のみが行われており、改札業務は行われてませんでした。駅には喫茶店が併設されており、ちょっとした町が形成されており、駅東側の高台には住宅地が広がっていました。

190831_0733

 丹波高地の中を走るため周辺の地形は複雑で高台と平地が入り混じってます。

190831_0803

 和知から立木へ223系5500番台ワンマン電車で移動しました。福知山地区には113系も運用されていますが、園部~福知山間の電車は京都乗り入れ運用などもあるため223系に統一されています。

190831_0824

 山陰本線の強力なライバルとなる京都縦貫道の立派な高架が横切る立木駅。ここで行き違い電車に乗って折り返します。

190831_0831

 立木駅は簡易的な駅舎があるだけで駅周辺にはめぼしい集落もなく、閑散とした駅でした。

190831_0847

 立派な高架の高速道路に対して、電化こそされたものの昔ながらの線路を走る山陰本線は、現代社会の鉄道の問題を物語ってくれる光景です。

190831_0867

 線路や駅設備などはローカルな山陰本線ですが、電車だけは京阪神地区に劣らぬ223系が使用されています。これに乗って園部へ戻りました。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2019年9月24日 (火)

【JR山陰本線東部を乗り歩く~鍼灸大学前・安栖里~】

190831_0481

 8月31日土曜日。この日は延び延びになっていた18プチ遠征で山陰本線東部区間を訪問しました。朝一の普通で京都まで移動し、京都から嵯峨野線普通胡麻行きで移動しました。まずは鍼灸大学前駅を訪問しました。通常であれば園部で乗り換えとなりますが、胡麻行きなんで乗り換えなしで行けました。221系が園部以遠まで運転されるのは朝夕だけです。

190831_0516

 駅前のロータリーには機関車の動輪が置かれていました。その向こうの高台に大学のキャンパスがあります。

190831_0525

 ホーム1面1線で無人化されている鍼灸大学前駅。自動券売機は設置されていますが、ICカードなどの利用はできない。

190831_0542

 折り返しまで時間があったので、一旦園部に戻りました。特に戻る必要もないですが、暑いので電車に乗っている方が涼しいので戻りました。

190831_0575

 続いて安栖里駅を訪問。ちょうど上り特急の行き違い待ちがありました。この時間を利用して駅を見物できたのですが、行ったり戻ったりするには和知に戻った方が効率がいいので、ここで降りました。

190831_0621

 安栖里駅は高台にあるため、駅は地上へ下りる階段でアクセスするが、西側は高台と同じレベルのため下りホームからはそのまま出られる構造になっています。もっとも1線スルー化されているので、下り側に停まる電車は少なかったりします。

190831_0663

 折り返しの上り電車で和知へと向かいました。

190831_0680

 この電車は下り特急きのさき1号と行違いました。さすがは特急街道だけに特急との行き違いが多いですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

より以前の記事一覧