カテゴリー「東北」の記事

2015年9月29日 (火)

本州最北への遠征を583系がフィナーレを飾ってくれました

15_08_30_2429

 8月30日日曜日。本州最北撮影の旅を終えて、レンタカーを返して新青森近辺で最後の撮影を楽しみました。新青森駅直近の踏切でスーパー白鳥を待っていると何やら3灯のヘッドライトを輝かして秋田方から近づいてきました。583系がやってきました。まさかの583系の登場です。ホームに入って撮影しとけば…これぞ後の祭りです。

15_08_30_2411 真夏のお年玉583系を踏切でお見送りです。こんなのが来るのなら、車を返す前に奥羽線に行ってたのになぁ…。

15_08_30_2467 その後は、上り656M701系普通弘前行きを撮影。

15_08_30_2480 さらに下りスーパー白鳥11号も撮影。前日にも撮影してますが、踏切からのカットなので全然違います。前日のカットの方がよかったかな・・・。

15_08_30_2506 この後、入場券を買ってホームに入り、まずは貨物を撮影。EH500-64牽引の2077レです。前日撮り損ねたのでそのリベンジになりました。

15_08_30_2521 続いては20分後にリゾートしらかみがやってきました。見たことない編成でしたね・・・こんな黄色いのは。改造車だと思いますが、知らぬうちに色も変わっているのですね。

15_08_30_2546 そのあと、上り特急白鳥22号が到着。485系編成の白鳥です。おそらく朝に油川で撮ったヤツの折り返しですね。これを撮ってささっと土産物を買って新幹線で帰途につきました。帰りの新幹線は新15_08_30_2566
青森から混み合っており、結構息苦しい道中でした。東海道新幹線と比べると東北新幹線は狭いですね。東京から乗ったのぞみが天国のように感じました。とはいえ、のぞみの方も西へ行けばさらに快適な2列の指定席があるので、さらにそちらの方が快適…というか山陽区間ではなんでさくらよりのぞみが高いねん!ということにもなりかねないぐらいのアコモデーションの差がありますね。新青森から京都まで新幹線乗りっぱなしの旅行も無事に終了しました。京都からはいつも通り新快速で高槻までひとっ飛び…とはうまくいかず、新快速は遅延しており、その分帰りの待ち時間はロスが生じました。まぁ長躯新青森から無事に帰って来れて、改めて日本の鉄道が時間通り動いている(京阪神を除いて)ということを実感した次第です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ   にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ   にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月28日 (月)

本州最北津軽線撮影の旅もフィナーレ/蟹田周辺で最後の撮影

15_08_30_2375

 8月30日日曜日。青森遠征も佳境を過ぎて、帰途に就く段階となりました。蟹田からの帰途、とりあえず踏切で津軽線普通列車を一発撮ってから撤収することにしました。

15_08_30_2336 踏切が鳴動して、てっきり下り普通が来ると思っていたら、ふと振り向くと上り貨物が来てました。EH500-63牽引の3062レです。11時21分頃蟹田通過。慌てて撮影。予断していたのでとりあえず撮りましたといったところですが、いい帰りがけの駄賃となりました。

15_08_30_2350 そのあと、津軽線単行が来ました。こちらは来春…去就は今のところ発表されていませんが、廃止が濃厚なんじゃないでしょうか。三厩までは一度乗り潰しているので、もはや未練はありませんが、また機会があれば…たぶん時間と金がないので機会もないと思いますね。

15_08_30_2371 あとは帰るだけと思っていましたが、12時前にスーパー白鳥20号があるので、それを件の海沿いにある桜町踏切で撮影して帰ることにしました。スーパー白鳥20号は789系6連で11時50分頃通過。

15_08_30_2387 続いて11時55分頃EH500-53牽引の82レが通過。これを潮に撤収しました。途中どこかに立ち寄ってという構えでしたが、あまり時間に余裕もないので、新青森まで直行で帰ることにしました。

 帰りは行きに通った旧道ではなく、バイパスを通って帰ったので、思ったよりも早く新青森駅に着くことができました。とりあえず無事戻れてよかったよかった。時間が余ったので、新青森近辺にて撮影して新幹線の時間までを過ごしました。~以下明日へとつづく~

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ   にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ   にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月27日 (日)

北海道を望む海沿いを走るJR津軽線を撮る/瀬辺地~蟹田間

15_08_30_2148

 8月30日日曜日。油川での朝練も485系撮影で終了。同列車は場所の選定をミスりました。どうせならかぶりつきでケツ討ちすればよかったか。多少後悔しながら油川もそろそろ飽きてきたので次へと移動しました。

15_08_30_2140 とはいえ、瀬辺地あたりまで行かないといい撮影地はありませんね。スーパー白鳥2号と貨物1本を犠牲にして瀬辺地に移動しました。途中どこかで撮れないかと津軽宮田あたりに立ち寄ったのが間違いでした。時間ロスが発生したため、瀬辺地の海沿いの撮影地に着いたところで、カモレ1本が通過。やっちまったなぁ~

15_08_30_2152 車を止めて、とりあえず撮影地に入りました。先客1名あり。もはや上下スーパー白鳥が来るのみのため、とりあえずそれに集中です。まず上りスーパー白鳥がやってきました。来た来たキタァ785系改造の789系が先頭でやってきました。これはカモレ1本損した分を取り戻せましたね。前日新青森でも撮ってますが、走行写真はこちらも初めてです。

15_08_30_2166下りは反対方向のアングルでも撮影。逆光ですが、ここはここでいい感じですね。縦位置で撮ってみました。

15_08_30_2174 当然ながらケツ討ちも実行。なかなかいい撮影地です。でも海が絡められないのが残念なところ。山から撮れば入りますけど…まぁ無理な相談ですな。

15_08_30_2207 スーパー白鳥2本撮って、瀬辺地の有名撮影地からは撤収。海を絡めて撮りたいので蟹田寄りのポイントに移動。現場に行って唖然…立ち入り禁止かよ!仕方ないので下から…と思いましたが、下からはいまいちなのでポイントを変えて、踏切付近で撮影することにしました。あとで立ち入り禁止区域を外して山に登って撮っている人がいました。草ぼうぼうなので私は敬遠しましたが、やっぱり撮影するには自然と闘う気概がなかったらあきまへんなぁ。

15_08_30_2205 下り貨物が立て続けにやってきます。まず10時25分頃EH500-9牽引の3067レが通過。

15_08_30_2223 さらにあすなろもやってきました。色が悪いですが、バックに海も見えています。

15_08_30_2251 10時45分頃EH500-77牽引の3065レが通過。こちらは蟹田駅寄りの踏切に移動してアウトカーブから狙ってみました。

15_08_30_2288 同じ場所でスーパー白鳥1号を撮影。10時54分頃通過。ここも一応バックに海が見えてるんですけど・・・色が悪いですね。

15_08_30_2316 津軽線北部のキハ40単行が蟹田駅での折り返しのため踏切付近までやってきました。折り返し作業のため時間がかかるとはいえ、この間踏切は鳴動したまま・・・引っかかっていたクルマの方はかわいそうでしたねぇ・・・列車が来ないのに踏切を渡れないと言う理不尽。

 この後は、蟹田駅に向かい、駅前のコンビニで食料を調達して小休止です。
 あとは新青森に戻り、車を返して帰途につくことにしました~明日へとつづく~

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ   にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ   にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月26日 (土)

油川で朝練!EH800・EH500貨物列車と485系白鳥を撮る

15_08_30_2134

 8月30日日曜日。急行はまなす撮影後も油川に残留。貨物撮影の朝練です。ED79重連の貨物も見たいのですが、どうやらもう運用からは外れているようですね。残念。来るのが遅かった。

15_08_30_2077 6時14分頃EH500-73牽引の7066レが通過。東海道山陽筋が桃太郎なら東北筋は金太郎が主役ですね。

15_08_30_2084  朝の時間帯のため、701系普通は走れど、特急はやってきません。6時29分頃325M普通蟹田行きが通過。朝一で撮ったN6編成の折り返しです。

15_08_30_2092 6時39分頃EH500-66牽引の6092レが通過。私個人としては金太郎は物珍しい存在なので飽きませんが、慣れた人は見飽きた列車なんでしょうね。

15_08_30_2098 7時11分頃EH500-1牽引の3059レが通過。こちらはお顔が違うトップナンバーでした。初めて見ましたトップナンバー!今度はくまいっつあんを見てみたいものです。

15_08_30_2103 7時24分頃EH500-59牽引の3052レが通過。この時間帯になると多少太陽が出ていい感じになりました。

15_08_30_2108 7時38分頃328M普通青森行きが通過。701系N6編成が行ったり来たりしてます。

15_08_30_2112 7時51分頃EH500-34牽引の3050レが通過。これで金太郎貨物はとりあえず終了。場所を変えて485系白鳥を狙いました。

15_08_30_2115 8時14分頃通過の329M普通蟹田行き。当然ながら使用車両は・・・701系N6編成。

15_08_30_2121 8時25分頃草ボウボウの中、EH800-8牽引の上り貨物列車が通過。4094レと思われます。

15_08_30_2129 8時34分頃485系特急白鳥93号が通過。485系定期特急列車最後の砦です。リニューアルされて面影はなかなかありませんが、走りは485系です。昨年の北海道遠征の帰りに乗った記憶が蘇ってきますね。あの時は日本海縦貫線特急乗り継ぎをやったもんです。それも今は昔ですね。

この後は瀬辺地方面へ移動して津軽線撮影のつづきです~明日へとつづく~

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ   にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ   にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月25日 (金)

孤高の夜行急行はまなすを撮る2

15_08_30_2072

 8月30日日曜日。前日は西田沢踏切付近でマルヨしました。クルマで止まってコストダウンというのは何度もやってますが、さすがに撮影現場でのマルヨは実は初めてです。何台から止まっていたので、そこに止めてマルヨしましたが、後からも何台か来て、車から下りて置きゲバする人が明らかに何人かいたので若干場所取りで心配になりましたが、眠いのでそのまま寝てました。時折通過する貨物列車の音を子守唄に…なんて詩的なことはなく、ただ単にうるさいだけでした。とはいえ、貨物列車の通過音で朝も起こされたようなもので、4時過ぎに目が覚め、周辺が明るくなってきていたので、4時30分ごろに車を出て、撮影場所を選定。かぶりつきのところもなんぼか場所はありましたが、定番位置の方がいい場所を取れそうだったので、そちらに決めて三脚を置きました。そのあと、少々早い朝飯を…。5時前から定位置について撮影体制に入りました。

15_08_30_2042 まずEH800牽引の下り貨物2060レが4時49分頃通過。EH800初撮影です。ある意味青森に来て初収穫みたいなもんですな。

15_08_30_2054 続いては上り貨物です。こちらはEH500-23牽引の3054レ。5時23分頃通過。まだ露出はなかなかです。

15_08_30_2062 5時31分頃EH800-6牽引の上り貨物列車が通過。列番調べても不明でした。遅れカモレでしょうか。

15_08_30_2063 さらに上り701系322M普通青森行きが通過。3両編成のN6編成でした。

15_08_30_2073 そして真打ち上り202レ急行はまなすが通過です。いいですねぇED79。走行写真てこれまでまともに撮ったのは日本海のすれ違いシーンだけだったと思います。ある意味それの方が貴重なんですけどね。今回も後には貴重な写真になると思います。若干不満が残ったのは天気だけですね。青森は晴れ予報でしたが…朝は雲が多かったなぁ…。それだけが残念でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ   にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ   にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月24日 (木)

孤高の夜行急行はまなすを撮る

15_08_29_2975

 8月29日土曜日。昼の部が消化不良だったので夜の部で取り戻そうと思い青森駅へ。深夜練習です。急行はまなすはカマが前出しになる可能性大なので一つの賭けで、入場券でホームに入りました。

15_08_29_2987 夜の青森駅は閑散としてますねぇ。トワイもなくなり、来る電車は701系か、青い森鉄道の701系もどきですね。

15_08_29_3028 たまに来るのは到着するスーパー白鳥のみ・・・と思っていたら485系回送が来ました。魔改造の3000番台とはいえ、今や貴重な485系です。昨年函館~青森間で惜別乗車をしてますが、撮れるもんは撮りたいのが撮り鉄の性です。しかし、いつから撮り鉄になったんでしょうね。昔はこんなんじゃなかったのですが…。

15_08_29_3047 スーパー白鳥の到着を見て、ホームを変えて急行はまなすの入線シーンを撮ります。

15_08_29_3098 DE10が牽引する姿もなかなかなので、多少シャッタースピードを稼ぎながら流し気味に撮影。あまり出来は良くないですが、まぁ撮っといてよかったなと後で思えればこれ幸いです。カンが付いてりゃ最高なんですがねぇ・・・無理な相談ですね。

15_08_29_3134 DE10は到着後さっさと切り離されます。切り離し作業は対面ホームの方がじっくり見られましたね・・・3セクの青い森鉄道のホームなのでホームに柵が出来てしまい、ホーム端は立ち入り禁止になっています。

15_08_29_3142 カマの方に移動してみるとやはりカマ前出しでした。増結があったので、増結なしの7両ならカマも前に出てないのかもしれません。土曜の夜の便はやはり夏休みということもあって増結ありなんですね。

15_08_29_3170 仕方ないので、駅を出て出発シーンが押さえられる陸橋へと移動。先客2名、後から1名が来てましたが、カメラの性能が上がり夜撮影ができるようになったとはいえ、ここはやはり撮影には厳しいですね。

15_08_29_3198 最大限にシャッター速度を上げるため、ISOは通常使わないところまで上げました。ISO感度の性能が上がったカメラを使っていますが、眉唾なところもあるので、常用では3200までしか使っていません。今回は限界に挑戦した感じですね。まぁまぁですが、やはりヘッドマークが流れてしまいました。やっぱりシャッター速度をもっと稼ぐべきでしたねぇ。これも失敗に終わり、この日は昼も夜もあまり収穫なしで終わりました。

15_08_29_3175 この後、新青森駅近くの青森健康ランドでマルヨするつもりでしたが、大湊線からの帰りに浅虫温泉の道の湯で一風呂浴びたので、風呂はもういいかということで油川の現場に直行することにしました。途中油川駅を見物。ここでマルヨする人もいるみたいですが、夜は無人で、駅の待合室は明かりが煌々と灯っていました。このままならマルヨもできそうですが、一晩中明かりがついたままなんでしょうかね。

 とりあえず油川の現場近くでマルヨ。上りカシオペアがあるのはわかっていましたが、連日の車中泊となるため、速めに就寝。就寝直後の23時30分頃轟音と共にカシオペアが通過していきました。なかなか幻想的な姿でしたが、さすがにカメラに収めることはできませんでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ   にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ   にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月23日 (水)

晩夏の青森遠征~曇天の中JR大湊線を撮る~

15_08_29_2851

 8月29日土曜日。新青森でレンタカーを借用。事務所を出て1周して新青森駅前に出たところで狙おうか迷っていた2075レが通過。あれあれ幸先悪いなぁと思いながら、さてどこへ行くかとナビを設定。とりあえず翌日の下見のため津軽線沿線へ向かいました。特に目当てもないし、気づけば持参予定だった貨物時刻表を忘れてきたので情弱のまま現地に到着。油川駅近くの西田沢踏切付近です。早速置きゲバを目の当たりにして、さらには周辺に駐車しているクルマもあり、これは激パの可能性もあるなと多少頭の片隅に入れて、とりあえずここは翌朝の現場として、他所へと移動。しかし、あまりいい撮影地が見つからず、油川で何か撮っておけばなぁと後で後悔することになりました。いい天気でしたからね油川
は。

15_08_29_2811 油川周辺では北海道新幹線の高架も見え、田園地帯に新幹線の立派な高架が走る光景が見られました。去年も同じような風景を北海道で見た気がします。新幹線では同じような風景しか見れませんね。

15_08_29_2822 津軽線では奥沢付近まで走ったところでカモレとすれ違い撃沈。撮影どころか、さらに油川に戻った時には下り貨物のお尻だけを見るという大失態を犯してしまい、撮影せぬまま津軽線を去ることになりました。

15_08_29_2830 津軽線はこの日の一大目的ではないので、この時点ではあまりショックは引きずらずに大湊線に移動しました。2時間近い移動時間ということでちょっと遠いですが、夕日がきれいな路線なので期待して向かいました。道中は浅虫温泉ぐらいまでは結構晴れていたのですが、野辺地に近づくにつれて雲行きが怪しくなりました。おまけに野辺地手前で交通事故のため対面通行の規制に出くわしました。4号線で正面衝突やられちゃぁ~なぁ…最近事故を多く見かけます。我が身に降りかからぬよう気を付けたいものです。渋滞のため到着は遅れましたが、もともと余裕をもってきたので、列車の時間には間に合いました。大湊線の撮影地もいまいち勝手がわからず、あちこち走り回りましたが、何とか車が止められるところを見つけて、一発目を撮ることにしました。残念ながら夕日もくそもないぐらいドン曇りでした。

15_08_29_2838 もっと画になるところだと思っていたのですが、曇ってしまえば…どこで撮っても同じですね。

15_08_29_2845 上下とも快速列車でしたが、下りはキハ110系、上りはキハ40系でした。キハ40の方は首都圏色ながらも側面にストライプが入った車両でした。

15_08_29_2876 17時台の列車も撮影してと思っていましたが、露出が厳しくなり、さらにほかの撮影地を探していたものの、大きな水たまりなどに阻まれて線路際まで行けずに撤収しようかと迷って、有戸駅まで引き上げました。とりあえず有戸駅で下り普通を撮影。勾配を上ったり下ったりしながらやってくる列車を見ていると撮影魂に火が付きました。

15_08_29_2915 上りはカーブを描いて勾配を上がってくるシチュエーションが撮れる踏切へ移動して撮影しました。露出があればもっといい画になるんでしょうがね。天気だけが残念でしたね。この4本のみがこの日の昼の収穫でした。ちょっと消化不良の半日でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ   にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ   にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月22日 (火)

大阪から夜行バスと新幹線に乗って青森まで大移動

15_08_29_2731

150828bus 8月28日金曜日。思い立ったが吉日ということで、ちょっとした思い付きで青森に遠征することにしました。もうちょっと早く思いついてりゃなあというのもありますが、今更それはなしです。今回は完全撮り鉄遠征です。地元茨木市駅から出る夜行バスツインクル号で旅立ちました。さすがに夜行バスでは青森まで行かないので、新宿までこれに乗って移動です。いやぁ阪急茨木市駅から移動できるって便利ですねぇ。1号車、2号車の2台体制での運行。27人乗りで満席だそうです。週末なので多少は遅れるかと思いましたが、時間通りに来てくれました。JR茨木で最終の乗車があり、満席で出発。名神から中央道を経由するようですが、途中は八王子までは休憩なしです。たびたび運転停車はしていたので、運転手の交代や時間調整15_08_29_3266
は行っていたようですが、乗客のトイレ休憩などはなしです。JRバスは土山で休憩があったので、そこは運行会社によって違うようですね。まだまだ夜行バス慣れはしてません。今回は運転席直後のトップ下といういい席をもらい、若干寝にくいところもありました。もっとも首を保護するクッションを購入してから夜行でも体のだるさがなくなったのはありがたいところ。クッションさまさまです。JR八王子での降車がなんぼかあった以外は新宿以外での降車なしということで八王子から新宿まではノンストップとなりました。都内での渋滞があるかと思ったら意外に空いており、定刻よりもかなり早く新宿駅西口に到着しました。渋滞があるなら八王子で降りてJRで…という考えもありましたが、杞憂に終わりました。

15_08_29_3260 新宿に着いても特にやることもないので、朝飯を食って東京駅に移動しました。新宿駅は昔。小汚い立ち食いがあり、よく利用してましたが、立ち食いはあれどもすっかり小奇麗な立ち食いに変身してました。思えば新宿に来るのも久々かもしれません。東京駅まで中央線で移動しました。新宿から東京まで中央線に乗るたびに、皇居のお堀のあたりや御茶ノ水で撮影したいなと思いますね。一向に実現しませんけど…。

15_08_29_2575 東京駅到着後は、しばらく時間があるので、前回に続いて上野東京ラインを撮影。今回は朝の時間帯ということで常磐快速線からの直通電車を撮ることができました。昼間は交直流のE531系ばかりですが、朝夕はE231系の乗り入れもあるんですね。

15_08_29_2691 東京駅での撮影はそこそこに新幹線ホームに入り、新青森への移動に備えます。時間に余裕をもって動くのは昔からの性ですね。田舎もんなんで旅行の時に時間に余裕がないと落ち着きません。新幹線ホームでもしばし撮影。

15_08_29_3362 東京からははやぶさ9号に乗車。窓側の席が取れましたが、3列シートで満席のため仙台まで身動きが取れない状況でした。仙台で隣が空き、そのまま新青森までは余裕の道中でした。思えば去年も同じくはやぶさに乗って新青森まで来てますね。あのときは渡道しましたが…。今回は青森止まりのため終点です。

15_08_29_2764 新青森到着後は、とれんたくんです。ここまでは乗り鉄でしたが、ここからは撮り鉄のため、乗りは車です。とれんたくんで新幹線料金も多少割安になったので、多少はお得感もあります。

このあとはJR大湊線撮影編~明日へとつづく~

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ   にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ   にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 8日 (月)

北紀行16~白鳥を偲ぶ旅/特急いなほ8号~

14_08_16_9077

14_08_16_8365 8月16日土曜日。特急白鳥を偲ぶ日本海縦貫線の旅。第2走者は特急いなほ8号です。E653系転属後初めての乗車です。いなほ8号の出発は9時12分。特急つがる2号は8時23分と待ち時間があるので、ほぼ満席状態で窓側が取れなかった指定を諦めて自由席で席を確保することにしました。秋田駅では待ち時間を利用して食料の買い出しを少々・・・和牛こまち弁当を入手しました。秋田から新潟までの長丁場となるので兵糧攻めに備えました。いなほ8号の自由席には既に列ができており、出遅れまいと私も早速列に並びました。時間が経つにつれて列が延びていくのに驚きました。ちょっとまさかの展開です。秋田からは空いているだろうとタカをくくっていたのですが・・・。8時53分頃いなほ8号が入線。16Aを確保していなほ仕様となったE653系の撮影を行います。青森方面へのホームにはあけぼのも到着していましたが、そちらまでは足が延ばせませんでした。自由席は意外に乗っており、秋田出発時点では50%弱程度の乗り具合でした。

14_08_16_8371

14_08_16_8400 定刻通り9時12分に秋田を出発。車内は空調が入っていないのか少々暑かったです。秋田市内を走り、雄物川を渡ったあたりから市街地を離れ、海沿いを走っていきます。海沿いの景色を見るために16Aに陣取りました。北陸方面の予報は雨でしたが、秋田周辺はまだ晴れ間も出るほどの天気でした。羽越線は風が吹いたらすぐに止まるので、天候が悪化していなくて助かりました。E653系の窓はきれいで、先に乗ったE751系はかなり汚かったので、その差を感じます。しかし、特急つがる同様走りの方は特急とは言い難い走りで、単線と複線を交互に行き交い、ポイント制限での減速を余儀なくされるため、スピードはなかなか上がりません。羽後本荘で大量の乗車があり、自由席は100%に近い乗車率となりました。この先も多くの乗車が見込まれるという放送が流れましたが、確かに、酒田からがいなほの本番と言えるので、この時点で席の確保が厳しいのはUターンシーズンとは言え厳しいものがあります。羽後本荘を出てから車内販売がやってきました。特に何も買いませんでしたが、昨今車内販売の廃止が取り沙汰されているのでいなほでは車内販売があるというだけで少々安心しますね。ただ、この先自由席は混み合うので廻ってこれるかどうかわからないと声をかけていました。仁賀保、象潟とさらに乗車があるものの、立ち客は辛うじてまだ出ていません。酒田以北は特急いなほの本数が少ないので余計に混み合うのかもしれませんね。

14_08_16_8509 酒田では大量の乗車があり、自由席に立ち客が出ました。とはいえ、まだ通路は空いており、指定席確保の利用が多かった模様。ここから結構特急らしい走りになり、快調に走り出しました。新潟での北越との連絡時間が6分しかないため、いなほが遅れていないか心配しながらの道中でしたが、酒田出発時点では定刻通りの運転でした。余目、鶴岡と進み、鶴岡で大量の乗車があり、自由席は立ち客が増えました。いよいよ混雑が本格化してきた感があります。沿線には撮り鉄の姿があちこちで見られましたが、どうやら臨時で運転されている485系いなほが目当てのようです。小波渡付近で485系原色とすれ違いました。原色か・・・そら撮りたいわなと思いながら羨ましい思いをかみしめながらすれ違いを見ていました。あつみ温泉からは雨が降ってきて、結構激しくなってきました。先行きに不安を感じます。あつみ温泉では2分程遅延発生。乗車に時間がかかるようになっているみたいです。山形、新潟の県境付近は再び牛歩の歩みとなり、特急らしからぬ足取りになりました。すれ違うローカル14_08_16_8634
列車も気動車ばかりになります。鼠ヶ関付近で485系いなほとすれ違いました。県境を越えて、勝木ではきらきらうえつとすれ違いました。よ~よ~考えたらきらきらうえつは羽越線内では撮ったことがありません。またの機会に撮りたいものです。越後早川を過ぎたあたりから漸くスピードが上がりました。雨も小康状態で思ったほど天候は悪化していません。車内は非常に混み合っているものの静かです。この後乗った北越、サンダーバードでは関西に近づくにつれ車内が賑やかになっていきましたが、この辺りはやはり人の気質がよく出ていますね。特急つがると特急いなほではあまりベラベラしゃべっている人はいませんでした。村上ではさらに乗車があり混雑が激化。指定席のデッキも立ち客に開放するというアナウンスもありました。列車はなんとか1分延で出発。村上からは新潟平野を快調に走ります。中条、新発田と停車し、利用者をさらに増やして白新線へと入ります。遅延の心配はもはや要らないという感じです。1分でも遅延すると痛いですからね。白新線は単線ながらも古くから線路が整備されているのかかなり飛ばして走りました。ラストスパートをかけて新潟には定刻通り到着。しかし、立ち客が多く、降りるのに苦労したので、北越までの乗り継ぎ時間の大半を降りるだけで消化してしまいました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ   にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ   にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2014年9月 7日 (日)

北紀行15~白鳥を偲ぶ旅1/特急つがる2号~

14_08_16_8987

14_08_16_8989 8月16日土曜日。長い北海道の鉄活動を終えて…旅行というには厳しい内容でした…この日は青森から帰阪しました。ただ帰阪するだけではなく、日本海縦貫線を延々と下って帰阪するというとんでもない内容での帰阪です。しかも安上がりではなく、特急を延々と乗り継いでいくので高コストです。特急白鳥を偲ぶ旅ということで企画してみましたが、特急料金を見て、改めて白鳥のありがたみを感じた次第です。第1走者は青森から秋田まで特急つがる2号です。E751系を使用します。青森発5時43分ですが、5時39分着の急行はまなすを撮影するために早めに青森駅に着きました。前日も遅くまで撮影していたのに、翌朝も4時30分起きとは我ながらよくやります。特急つがる2号は指定席を確保していたので、座席に荷物を置いて、急行はまなすの到着シーンを撮影。はまなすは3分遅れで到着。

14_08_16_9034

14_08_16_8999 この影響で特急つがるは青森駅を7分遅れで出発しました。意外に北海道からの連絡客は多く、白鳥~連絡船以来の伝統的な乗り継ぎは健在なようです。もっともこの乗継の新幹線開業とともに発展的解消を迎えることでしょう。青森出発後はゆっくり走り、新青森に到着。早朝だけに新幹線連絡客は少なく、新幹線に送り込む方の利用が若干あっただけでした。新青森駅も開業時より周辺が開けてきているので、新青森からの利用も若干はありました。次の津軽新城で701系普通の行き違い待ち。いきなり単線での行き違い待ちで特急が待たされました。7分遅れて出発した割に行き違い待ちは存在するのかと思いながら奥羽線の旅を楽しみます。北常盤では今度は701系普通を待たせて通過。五能線を分岐する川部からは複線になり、軽快な走りになりました。弘前には10分延で到着。ここではかなりの乗降があり、自14_08_16_8274
由席は混み合ってきたようです。指定の方はまだ30%程度の乗りでした。思えば世間は帰省客のUターン真っ盛りだったんですね。若干浮世離れした北海道遠征をしていたのでその認識がなかったので、人の多さにちょっと驚きを感じました。弘前を出ると石川で701系普通と行き違い、単線区間に入ります。弘南鉄道の高架をくぐって山の中を走り、大鰐温泉に11分延で到着。遅延が拡大しています。はまなすの3分が11分に拡大するとは…秋田でのいなほ8号への乗継にはたっぷり時間があったので問題ありませんが、いなほ8号が遅れるとそのあとの乗継が厳しいので、遅れには敏感にならざるを得ません。その点直通運転の白鳥であれば、こんな心配は不要ですから、やはり長距離乗車には直通列車の運転が欲しいですね。もっともこんなに長時間乗車する物好きはなかなかいないので、長距離列車の必要性は皆無に近いのでしょうね。
14_08_16_8287青森を出てからずっと曇天模様でしたが、大鰐温泉あたりから少し晴れ間がのぞくようになりました。長峰から再び複線になり、碇ヶ関を通過し、峠越えに入っていきます。京阪神や関東圏などの平野部では県境がなかなか分かりにくいところですが、通常の県境越えは昔でいえば国を越えることになるので山越えして県境を越えるというケースは少なくありません。御多分に洩れず青森と秋田の間にも山があります。山間の小駅津軽湯の沢駅を通過すると矢立峠を長いトンネルで抜けて秋田県に入ります。このあたりは複線化とともに線路が付け替えられたと思われ、新幹線並みに高規格の線路になっています。複線区間でもその体をなさないほど列車密度が低いので、明らかに過剰投資と思われます。こういう投資が国鉄の弱体化を生んだのでしょうね。有名撮影地の陣場~白沢間を通過して、山から下りて大館に到着。さすがに主要駅だけに出入りがあり、指定席も埋まってきました。EF510貨物が停車中でした。お盆なのに日本海縦貫線では貨物列車が動いているのでしょうか。
14_08_16_8308大館を10分延で出発。ここから単線になります。花輪線の築堤が頭上を越し、次の早口で701系普通と行き違い、再び複線となって鷹ノ巣に到着。秋田内陸縦貫鉄道の連絡駅ですが、乗り換える人はパラパラいる程度でした。多少遅延回復して9分延で出発。鷹ノ巣から単線となり、前山からまた複線に戻る。複線区間や線形にいいところでは100㎞/h超の運転もしてますが、基本的に緩い走りです。E751系も特急はつかりとして東北本線をかっ飛ばしていたころからすると物足りない走りです。二ツ井からは多少の利用があり、秋田までちょっとずつ利用者を増やしていきました。濁流の米代川を渡り、複線区間で普通とすれ違って、鶴形からまた単線となりました。秋田こまちの故郷とあって広い田園地帯が車窓を埋め尽くします。東能代14_08_16_8317
では7分延程度で出発。徐々に遅れを取り戻しつつあります。同駅でかなりの乗車があり、乗車率は50%を超えるほどになります。おそらく自由席はもっと混み合っていたことでしょう。森岳では特急つがる1号と行き違い。あっちは結構空いていました。ここから再び複線となり、鹿渡からまた単線に・・・。右手には八郎潟の干拓地が広がっています。八郎潟を6分延で出発。ここから複線となり、羽後飯塚でまた単線に・・・。めまぐるしく複線と単線が入り混じっています。男鹿線が合流する追分からは複線となり、秋田までラストスパート。土崎工場、秋田貨物ターミナルと鉄っちゃんには嬉しい車窓が続き、終点の秋田にはラストでかなり回復して4分延で到着。白鳥を偲ぶ旅第一ランナーの特急つがる2号で無事に秋田まで来ることができました。

14_08_16_9049

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ   にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ   にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)