カテゴリー「北海道」の記事

2014年9月 5日 (金)

北紀行14~有珠から鉄路で青森へ向かう~

14_08_15_9345_2

14_08_15_9357_2 8月15日金曜日。宇宙軒から有珠駅に戻り、有珠駅10時50分の普通列車で長万部まで移動します。この日は普通乗車県の旅で、長万部からは特急スーパー北斗に乗車します。長万部行き普通はこれまた撮影を終えた鉄っちゃんの姿が多くみられました。ここでも終点までかぶりつきを楽しみました。途中豊浦まで後部の車両にいましたが、同駅で切り離すということで、前に移動しました。キハ150とキハ40の併結運転でしたが、この遠征中同じような組み合わせを何度も見ました。キハ150の運用範囲が広がっているのでしょうかね。新旧の気動車の併結運転は珍しい気がしますが、JR他社ではあまり見かけない光景ですね。豊浦から前面かぶりつきを敢行。静狩のS字カーブは駅から近いようなので、上りトワイを取りに行けばよかったと少々後悔。長万部到着後はまたもやかにめしを買いに駅前のかなやに直行。お昼時だったので、車やバイクで来た人でにぎわっていましたが、見事にかにめしをGET。スーパー北斗の車中で食すことにしました。

14_08_15_9372

14_08_15_9393 スーパー北斗はぜいたくに指定を取っていたので、余裕をかまして乗車できました。自由席だと席確保が大命題になるので待っている間イライラします。窓側を取っていたものの、かにめしで昼食を取ってからは爆睡状態。目が覚めたのは森を過ぎて、車内改札で起こされてからです。結構JR北海道て車内改札が厳しいですね。寝てても起こされるというのは他社ではあまりないような気がします。今遠征で北海道最後の旅路を辿り、函館に到着。

 函館からは白鳥80号に乗車。こちらは自由席のため、函館到着後は早速並びました。久々に485系に乗ります。789系も捨てがたいですが、485系はそのうち乗れなくなる車両なので、乗っておいて損はありません。

14_08_15_8041 白鳥80号でうまく窓側の席を確保して、最終の青函航路を辿ります。往路では木古内の駅があまり見物できなかったので、木古内の構内が見える方の座席を確保しております。函館を出ると雨が降ってきました。天気が崩れるとは言われていたものの、次の日の道中がやや心配です。最初の日に見た北海道新幹線が車窓に見えてくるのも新鮮です。海沿いの景色が見えないのは残念ですが、鉄っちゃん旅行を楽しみたいなら函館行きは進行方向左側に座る方がいいですね。木古内駅は新函館北斗と同様に立派な駅舎ができており、完成間近の印象です。しかし、このあたりに新幹線の駅を造ってもどれだけの利用者がいるのか…。木古内を出ると江差線廃線跡を右手に見て、すぐに新幹線との接続箇所を通り過ぎ、湯の里知内信号所の広い構内を見て、3線軌条のスラブ軌道を走り、青函トンネルに入ります。14_08_15_8950
485系では青函トンネルに入る案内表示は出ません。このあたりは789系とは違う点でしょうか。途中吉岡海底駅、竜飛海底駅付近で明かりが見えた以外はほぼ暗闇の中を30分程度走り、漸く本州へと入ります。建設中の奥津軽いまべつ駅付近を通過し、北海道新幹線と分岐して中小国信号所を通過。信号所よりも小さな中小国駅を通過し、実質的な境界駅の蟹田に到着。本州に入って雨が強くなってきました。翌日日本海縦貫線を下っていくので天候が不安です。蟹田で乗務員が交代し、久しぶりに東日本エリアに入ります。往路では見られなかった新幹線の線路を見ながら青森までの道中を楽しみます。新青森へ向かうか青森へ向かってから新青森へ向かうかだけの違いで、ほぼ新幹線と並行する形で走ります。並行と行っても距離はかなり離れていますが…。雨の道中を軽やかに走り485系白鳥80号の旅を終え、青森に着きました。この日は青森で宿泊しました。というかチェックインする前とした後に一仕事が残っていました。

14_08_15_9404_2

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ   にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ   にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2014年9月 4日 (木)

北紀行13~宇宙軒で夜行列車3丁!~

140815murorandd511083t9

14_08_15_7657 8月15日金曜日。北海道最終日となりました。遠征自体はまだあと1日残っていますが、この日で北海道から引き上げです。ラストは宇宙軒で夜行列車3丁撮りに挑みます。宇宙軒とはとあるラーメン屋のことですが、撮影地への目印で出てくるもので、実際には有珠駅付近の撮影地で夜行列車の3本撮りに挑みます。東室蘭を朝一5時50分に出る470Dに乗車。これで有珠を目指します。車内は…鉄っぽい人で一杯でした。みなデカい三脚持ちで如何にも撮り鉄という風情です。北舟岡で降りていく人が多かったですが、有珠ではそれよりも多くの人が降りていきました。私も同様に有珠で下車。いろいろ宇宙軒とか道順とかを調べましたが、降りた撮り鉄についていけば現地まで行けそうです。有珠駅周辺はそれほど過疎地帯というイメージではなく、国道も通っており、民家も結構あり、町が形成されています。しばらく歩い140815muroranusu
て例の宇宙軒付近に到着。あ~これが有名な宇宙軒か…開いてないやん!朝の7時過ぎなので当たり前か。でも昼間でもやってるのかどうか微妙です。看板だけが目立つ感じです。踏切を渡り、撮影部隊御一行様は道なき道を歩き出しました。ちょっと一人で行くとためらうようなところを歩いていきます。獣道ならぬ鉄もの道を歩き、丘を登ったところで、車が大量に止められているのを発見。すると見知らぬ部族・・・いやよく見れば鉄鉄部族が出てきました。こんな山奥の未開の地に…文明の力であるカメラをもって集団で移動する人が多いのなんのって。現場の斜面に到着すると…至る所に撮影者が…宇宙軒てこんなに人気があったのか…やっぱ新幹線開業時に夜行列車が全廃されるという報道が大きかったのでしょうか。北海道夜140815muroranusu2
行も撮れる時に撮っておかねばという人が集まったのでしょうね。とりあえず意外に急斜面で、足場もよくないので、大荷物を下げての移動も大変なので、立てる位置に場所を確保しました。三脚を持ってきたものの、立てるスペースが微妙だったので、手持ちで撮ることにしました。三脚は結局宝の持ち腐れ状態で、邪魔なだけでした。持ち運びを考えてコンパクトなタイプを購入しましたが、最近は持ち運び自体が面倒なので、三脚の出番が減少しています。どうせなら使い物になる立派な三脚を買った方がよかったのかもしれません。まぁ今のところカメラも手持ちで十分なカメラなので、しばらくは今のままで手持ち中心の撮影で我慢していきたいと思います。

140815muroranusu3 この日の宇宙軒は曇り。晴れてても曇ってても別にどっちでもいいですが、さすがにいい景色ですね。早速1本目のカシオペアがやってきました。こちらは来夏でもまだ撮れそうですが、青函トンネルの工事進捗次第では運転休止も十分考えられるので、撮れるうちに撮っておいた方がいいと思います。車両自体はまだ新しいので、東日本エリアではまだまだ活躍は続けるものと思われます。

 続いて10分ほど続行でトワイが通過。こちらはこの夏が最後です。こちらは車両自体も引退の時期に差し掛かっているので、どこを走ろうが撮っておいた方がいい列車です。

140815murorandd511095c2

140815murorandd511083t5_2 トワイ通過後は北斗星まで時間が空くので、撤収する人もいました。しかし、北斗星まで残留する人が多数で、場所を変えるほどの空きはできませんでした。スーパー北斗などを撮影しながら北斗星の通過を待ちます。

14_08_15_9234
 それにしても普通列車が意外に多く通過していきます。私が乗りたい長万部方面よりも東室蘭方面に向かう列車が多いですが、長万部方面は8時01分の後は、10時50分まで列車がありません。だから北斗星の前に移動する人が多かったのかもしれませんが、私は我慢して北斗星を撮影してから移動しました。

140815murorandd511148h6
 北斗星通過後は、暇つぶしに特急スーパー北斗を撮影してから何もないので駅まで戻りました。町では夏祭りが絶賛開催中で、おみこしが出ていました。若干暑さに参っているのか道産子たちは元気がなかったです。

14_08_15_9290
 ホームに戻り、駅の待合室で列車を待ちます。時折通過列車がありますが、お盆期間中とあって貨物列車の通過はありません。貨物があれば宇宙軒でもっと時間が潰せたのですが…。

14_08_15_9324

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ   にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ   にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (5)

2014年9月 3日 (水)

北紀行12~新十津川ウォーク開催!札沼線乗り倒しの旅~

14_08_14_3236

14_08_14_3214 8月14日木曜日。社台から普通と快速を乗り継いで札幌へとやってきました。札幌駅では構内のラーメン屋がそば屋に変わってしまい、気軽に札幌ラーメンを楽しめなくなりました。仕方ないので立ち食いで朝飯を済ませて、帰省シーズンで混み合う旭川方面行きの特急の列に並びました。特急スーパーカムイを待つ人の列はかなり延びており、新千歳空港から来る列車には当然ながら旭川方面へ向かう人も乗車しているので、座れるかどうか微妙です。やきもきしながら列車を待ちます。追い打ちをかけるように列車は5分ほど遅延との案内が…滝川での滞在時間は1時間を切るとまずいということがあったので、少々焦りも入り、さらにやきもきしながら列車を待ちます。座席はなくとも、遅れは10分以内でという願いが通じたのか、列車は5分遅延で到着。方向転換のため、すぐには発車しませんが、乗り降りが終わり、乗務員後退が終わったところで出発。何とか通路側の席に座ることができました。

 スーパーカムイはスーパーホワイトアローの後継車で、俊足自慢の列車でしたが、高速無料化や高速1000円の時代に大打撃を受けて、30分毎から一部時間帯では60分毎の運転となり、さらにJR北海道の度重なる安全不祥事によりスピードダウンを強いられることとなり、俊足自慢が薄れてきた感がある走りでした。

14_08_14_3228

 寝過すのが怖いので、寝るでもなしに滝川までの時間を過ごして、滝川にて下車。5分延です。隣には貴重な711系が停車していたので、時間がない中撮影してから改札へと向かいました。

140814isikari 711系にも目もくれずに改札を出たのはここから新十津川まで歩いて秘境駅新十津川から数少ない札沼線列車に乗るためです。711系にはこれに乗って旭川までという気もしましたが、ここは初志貫徹で札沼線です。もっとも後々考えれば、711系の方が、次回訪問では確実に姿を消していると思うので、そちらを優先した方が良かったかもしれません。

 何はともあれ札沼線と決めたからには歩いて新十津川まで到達して12時59分発の列車に乗らなければなりません。これに乗れなければ滝川までまた歩いて引き返す羽目になります。2003年夏の北海道遠征時にも同様のことをやっており、その時は迷いながら1時間ほどかけて歩いた記憶があります。今回は文明の力を使用しての道中だったので、目安の時間まで出てくるので少し安心です。JRの線路を渡って、石狩川沿いに出ました。河川敷に飛行場があり、セスナが離着陸してました。気が遠くなるほど対岸が遠い石狩川を渡り、道中の半分を想定以上のスピードで14_08_14_3230
通過して一息つきます。ここからも気を緩めることなく歩き続けて、新十津川駅に到着。1日3往復しか列車が来ない秘境駅ではありますが、駅の周りは町が広がっており、住宅街の中に駅があるという様相です。こと終点の新十津川に関しては意外に都会?に駅があります。しかし、1日3往復だけに列車が地域に根付いているかと言えばそうではなく、たまに地域のお年寄りの姿は見られるものの、大半が乗り鉄が折り返し乗車するありさまでした。これでは1日3往復しか列車は来ないわなと思いました。新十津川の駅前には馬の置物が…よく見ればポニーでした。ぼぉ~っと突っ立っているだけだったので置物かと思ってました。さすがは北海道。この旅では馬によく出会います。

14_08_14_3284

14_08_14_3275 新十津川から札沼線の旅を始めます。実はここ2回目で、乗り潰しはすでに完了しています。なんで乗ったかというと…全線全駅を撮るための乗り直しです。乗っただけでは記憶から消えれば何も残りませんが、記録しておけば記憶から消えても残るものがありますから…記録の整理が追い付かないこともあり、曖昧な記憶とともに再度乗り直してしまう路線も少なからずありそうですが…。新十津川からは石狩平野の田んぼの中をしばらく走ります。秘境路線ですが、飯田線のような山奥の秘境を走るわけではありません。平坦な秘境路線というのもいまいちイメージできませんが、列車本数が少ない秘境路線なので、ただ単に過疎路線と言ってもいいのかもしれません。浦臼以北では踏切に引っかかると幸運が訪れる幸運の踏切とかあってもよさそうな気がします。浦臼で多少の乗車があったものの、それ以外は乗降ともに少なく、運転本数が少ないのも仕方ないという感じです。さすがに浦臼以南は乗車はポツポツ増えてきますが、北海道医療大学前以南とは利用者数が雲泥の差です。

14_08_14_3350
 列車は石狩当別まで向かいますが、手前の北海道医療大学前で下車。ここから電車に乗り換えて札幌へ向かいます。北海道医療大学前に停まっていた電車はなんと721系。札沼線は733系が運用されるイメージでしたが、733系を本線系統に投入して、その玉突きで札沼線に721系や731系が回ってくる構図のようです。

14_08_14_3481

14_08_14_3500 北海道医療大学前からはガラ空きの状態で発車。次の石狩当別で多少乗車があり、列車として恰好がついてきました。さすがに電車になって走りはよくなったものの、それでもスピードは本線系統に比べるとかなり見劣りします。札幌に近づくにつれて列車は混雑してきました。八軒を出る頃には立客も出ました。まぁ3両編成なので混み合うのも仕方ないところですが、札幌都市圏に入ったなという感じがしますね。桑園から函館本線と合流して3線になり札幌駅に到着。札沼線はあいのさと教育大~八軒間は複線化されていますが、肝心な札幌~八軒間が単線のため、ボトルネックになっています。

14_08_14_3548

140814murorandd51hoku2 札幌到着後は、前日とほぼ同一の行程で苫小牧方面へ向かいます。違うのは札幌から2784M普通苫小牧行きに直接乗車したことぐらいでしょうか。苫小牧からは東室蘭行きに乗車。この日は東室蘭に宿泊します。東室蘭まで各駅停車の旅を楽しみました。東室蘭到着前に残念ながら日没を迎えました。日没後の残光で北斗星を撮影しました。カマ出しのため、入線シーンとケツ討ちぐらいしか撮れませんでしたが、貴重なブルートレイン(思えばブルートレインと呼ばれる夜行列車では唯一の存在となりましたね)なので、しっかり押さえておきたいところです。

140814muroran24hoku2

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ   にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ   にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2014年9月 2日 (火)

北紀行11~秋空の馬の国社台でトワイライトEXPを狙う~

14_08_14_3168

 8月14日木曜日。そろそろ北海道生活にも慣れて、朝晩涼しい気候にも馴染んできました。避暑という言葉がありますが、やっぱり金持ちやないですけど避暑て大事ですね。もっとも帰ってからの反動の大きさを後々思い知らされるわけではありますが…。北の高校球児が甲子園の暑さに負けたということがよく言われますが、その気持ちわかりますね。この日は早朝から社台方面でトワイを撮るため、苫小牧を6時58分に出る列車に乗りました。お盆休み中とはいえ、公務員らしき人や部活動に向かう高校生などが乗っており、車内は意外に乗車率が高かったです。ほどなく社台に到着。

14_08_14_3106

14_08_14_3071 社台といえば、競馬で有名な社台ファームがありますが、駅からは少し離れているようです。駅近くには北海道習志野牧場があり、朝から数頭の馬が放牧されてました。馬と鉄道を絡めてという画は撮れそうにないので、馬だけ単体で取りました。

 それにしても社台駅を降りて空を見上げてみると秋空みたいな空が広がっていました。北海道の秋は早いと聞きますが、盆が明けると秋に突入するんでしょうかね。そういえば夏休みは今週で終わりみたいなことをニュースで言ってました。大阪は10月ごろまで夏が終わりそうにないので羨ましい限りです。

14_08_14_3058

 社台駅付近の踏切を散策して撮れるポイントを探します。ちょっと離れたところで撮ったのが789系特急すずらんです。ここはこの1本で撤収。

14_08_14_3122

 駅近い踏切でトワイを撮影することにして、暇つぶしに上り列車を撮影。キハ150系単行。室蘭本線は架線下ディーゼルが多いです。

14_08_14_3144

 本番のトワイは定刻通り通過。前日まさかの土砂崩れがあったので、列車が定刻通り走ってくれるありがたさを感じた次第です。

14_08_14_3151

 展望のスィートルームから見る北海道の朝の景色はさぞや格別なことでしょう・・・羨ましい限りです。

14_08_14_3188

 この後は、普通列車が来るまでホームなどで撮影。社台駅の秋空をメインに撮影しました。普通列車で苫小牧へ戻り、苫小牧から普通列車を乗り継いで札幌へと向かいます。前日にかぶりつきをしているので、この日はゆったり座って移動しました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ   にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ   にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2014年9月 1日 (月)

北紀行10~魅惑のDD重連上りカシと斗星を撮る~

14_08_13_4408

14_08_13_3938 8月13日水曜日。山線で小樽に到着し、わずかな乗り換え時間で快速エアポートに乗り換えます。無理に乗る必要もなかったのですが、これに乗らないと札幌でカシオペアが見られないので、小樽でゆっくりするのを諦めて快速エアポートに乗り込みました。乗った電車はたまたま733系3000番台でした。普通車がロングシート化されて、快速列車としてのグレードが落ちた感はありますが、札幌近郊での混雑を考えれば、この方がいいのかもしれません。後で乗った789系特急スーパーカムイ崩れの快速エアポートに乗ってそれを実感した次第です。

14_08_13_3990 小樽からも座れなかったので、仕方ないのでかぶりつきを楽しみました。銭函あたりの海岸を行く景色は夏なので穏やかな日本海でしたが、台風11号の影響がまだあるのか、波は若干高めでした。小樽~小樽築港まではゆったりした走りで、そこから銭函あたりまではまだまだ生ぬるい走りですが、札幌近郊に入るとそこそこ気合いを入れた走りになります。それでもバンバン飛ばす千歳線とは違って小樽方面の列車は走りが緩やかに感じますね。

14_08_13_4135 札幌到着後は停車中のカシオペアを撮影。カマは前出しではないものの、対向ホームからは撮影できず、出発時刻が迫っていたので移動もできず撃沈。仕方ないので出発シーンの動画とケツ討ちの撮影にとどめました。

14_08_13_4229 この後、スーパーカムイ崩れの快速エアポートで北広島まで移動。同駅で普通苫小牧行きに乗り換えました。こちらも733系で、知らぬ間に結構増備されていますね。車両の置き換えはJR北海道でも早いですね。もっとも711系がまだ残っているあたりはJR東日本のスピード置き換えと違うところでしょうか。苫小牧までかぶりつきを楽しみ。苫小牧到着後は上り2レ北斗星を同駅で撮影します。

14_08_13_4227

 下り特急スーパー北斗が遅延していたため、かぶりが気になりましたが、北斗星の方も若干遅延してきたのでかぶらずに済みました。もう少し時間が早ければ日の当たり具合も違ったのですが、北海道は日が落ちるのも早いですね。この後は早めに宿に入り、朝からの激闘の疲れを癒しました。

14_08_13_4348 特急スーパー北斗14号。苫小牧発17時35分のこの列車が到着した時にはまだまだ日が照っていた。

14_08_13_4445 カニ24をバックに夕陽を浴びながら上野へと向かう2レ寝台特急北斗星

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ   にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ   にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2014年8月31日 (日)

北紀行9~行けども行けども草木ばかりの原野を行く山線の旅~

14_08_13_3904

14_08_13_3838 8月13日水曜日。森で夜行カルテットを撮影後、森発10時17分の普通列車で長万部まで移動します。予定では6時31分発で移動するつもりでしたが…土砂崩れのためウヤ。8時05分発は夜行列車を撮影している間に通過しているので、10時17分発に乗らざるを得ません。これに乗れば、長万部で山線の12時10分発に乗り換えられます。森で分割して函館行きと長万部行きに分かれたため、長万部までは単行運転です。朝からの疲れを取るため、座席を確保して、眠りにつきます。その前に…またしてもいかめしを入手して遅い朝飯を食ってから寝ました。昨夜もいかめしを駅前の商店で購入しているので、2日間でイカを都合6匹食いました。食い過ぎですね。巨大イカの逆襲に遭いそうです。
14_08_13_3876

14_08_13_3895 821D単行気動車は長万部出発時点では軽く席が埋まる程度でした。八雲から自転車軍団が乗車してきて、人よりも線裕度が高い自転車が車内を占拠してきました。こいつら手荷物料金を支払ってるんでしょうか。だいたい自転車は持つものではなく乗るものなんやからなんで列車に乗ってくるのかも意味が分かりません。長万部からもさらに函館本線にまで自転車軍団が乗ってくるとは想定外でした。おまけに私が先に席を取っていた後ろの車両のスペースを人が買い物に行っている間に勝手に占有しやがる横暴まで…ふざけた態度で横暴を働くのであれば、まだしも素で何もなかったかのように横暴を働きやがるのでさらに性質が悪い。ムカつくので前の車両に移動しました。横暴自転車軍団はニセコで下車していきましたが、下車時間にも相当時間がかかり、そこでもほかの利用者に迷惑をかけていました。これも烏山線で遭遇したゆとり野郎と同じような性質に人間なんでしょうかね。ほかの人に対する配慮が足りなさ過ぎる若者が増えていますね。

14_08_13_3932

14_08_13_6904 長万部からの山線道中は自転車野郎のおかげで気分は最悪でしたが、前の車両に移って、かぶりつきで山線を楽しみました。楽しんだと言っても、行けども行けども草木満載の山ばかりで高原的な景色も展開されるものの、見渡す限り未開の山地という感じで、代わり映えしない景色に少々疲れすら感じる道中でした。しかし、これでは北海道新幹線開業後は山線は廃止になり兼ねないですね。ニセコ、倶知安あたりまで来るとさすがにリゾート客などが乗り降りしますが、それ以外の駅はほんと山の中にぽつんと駅があるだけというところが多いので、全体的に18きっぱーなどが小樽まで乗り通すのが多い感じでした。余市あたりから利用が多くなり、列車も平地を走るようになり、立ち客満載の状態で小樽に到着しました。

14_08_13_7105

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ   にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ   にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2014年8月30日 (土)

北紀行8~土砂崩れで計画総崩れ!森で夜行カルテット撮影~

14_08_13_3653

 8月13日水曜日。森駅前のルーストンホテルに泊まり、早朝から駅近くのS字カーブへ撮影に行きました。当然ながら夜行列車狙いで、カシオペア、トワイライトを連発で撮って、長万部へ移動して北斗星を撮るつもりでした。しかし…ホテルをチェックアウトして何気に森駅を見ると…はまなすらしき列車が止まっていました。慌ててネットを確認してみると…野田生~山越間で土砂崩れ発生のため、はまなすに遅延が発生しているとのこと。あちゃ~やっちまったなぁ。ホテル出る前に見ておけばよかった…ホテルに戻るわけにもいかず、仕方なくS字カーブへと歩を進めて、いい感じのところに陣取りました。

14_08_13_3642

 土砂崩れと言ってもなぁ…雨一つ降っていないので実感が湧きません。前日も降った感じはしませんが、現場付近では雨が降ったのでしょうね。いろいろ情報を仕入れていくと貨物列車が土砂に突っ込んだみたいです。復旧まではかなり時間を要する見込み。待ちを覚悟して、はまなすも撮れるという特典に目がくらみ、とりあえず待ってみます。待つこと2時間余り。漸くはまなすが動いた頃には太陽が上って、完全に逆光になっていました。条件的には最悪です。まぁ、それでも撮れただけましということで普段日の下では撮れないはまなすを頂きました。

14_08_13_3686 はまなす通過後にやってきた列車番号不明の上り貨物列車。

14_08_13_3689
 次はカシオペアですが、こちらは函館で抑止中だったのですぐには来ません。先にスーパー北斗を先行させてきたらしく、スーパー北斗が通過して行きました。

14_08_13_3724
 しばらくしてカシオペアがやってきました。光線状態はともかく夜行2連発とはとりあえず縁起がいいです。

14_08_13_3738 カシオペア通過後にやってきた上り貨物列車。上りも抑止が解除されてどんどん流れて来る感じです。上りの方が光線状態はいいので、ある意味こちらも狙い目か。

14_08_13_3748
 すぐにトワイが続行してくるであろうと思っているとまたしてもスーパー北斗が先行していきました。遅延している夜行列車よりまだ遅延回復の見込みがある昼行特急を優先させているようです。

14_08_13_3774
 真打ちのトワイがようやく通過。これで都合3本目の夜行列車となりました。ここで撤収して北斗星を長万部でという予定でしたが、長万部行きは運休。仕方ないので上り快速アイリスを撮ってから撤収しようと立ち位置を変えていると下りから北斗星が思いのほか早くやってきました。何も考えずにそのままシャッターを切ったので出来は無茶苦茶ですが、これで夜行カルテットの撮影が完成しました。

14_08_13_3810

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ   にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ   にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2014年8月29日 (金)

北紀行7~JR函館本線駅弁を食べる旅~

14_08_12_5281

14_08_12_5188 8月12日火曜日。函館でレンタカーを予定より早く返して、予定より早い列車で移動します。函館駅で18きっぷを購入。この日は予定では北舟岡でトワイライトを狙うつもりでしたが、前夜あまり寝付けずに若干体がしんどかったので、近場での撮影にとどめて、今晩の寝床がある森に早めに入れるように乗り鉄だけにしました。

まずは函館発10時49分の4833D普通森行きに乗車。2両編成で、前の1両は森から長万部行きとなります。列車は程よい乗り具合でしたが、席にはありつけて、函館近郊で帰省客などを降ろして、大沼公園あたりからは空席も出るぐらいの乗りでした。大沼からは赤井川、駒ケ岳、東山、姫川と砂原支線ではなく、特急なども走る本線経由で森まで運転されました。
14_08_12_7438

14_08_12_7531 森で乗り換え…のところを前の1両が長万部まで単行運転とわかったので、荷物を置いて早速名物のいかめしを買いに走りました。以前いかめしを売っていたところがピザ屋に変身していたのには驚かされましたが、駅の売店でいかめしは販売されており、入手することができました。ほかほかで水蒸気のせいで、いかめしと書かれた紙がふやけるほどでした。車内に持ち帰り、一気に2つ丸かぶりしました。うまいです。やっぱりデパートとかそこらで売っているいかめしとはちゃいますね。なんせ暖かいのがいいです。もっともイカの臭いが車内に充満したのは言うまでもなく、私だけでなく、あちらこちらでイカの臭いがぷ~んと漂う車内となりました。長万部行き普通はいかめしの臭いを充満させながら出発しました。

140812hakomori 森名物のいかめしは全国区のうまさを誇るが、やはり現地で出来立てのほやほやを食べるのは格別!

14_08_12_4454

 森駅からは海沿いの道中を進みます。夜行列車撮影でも海沿いの景色を絡めたものが多くみられる区間で、噴火湾をバックに走る列車の画は北海道の風景の一つともいえます。それにしても朝から貨物列車が多数走っていましたが、昼からも結構な数の貨物が走っており、DF200の独壇場が展開されていました。下手したら旅客列車より多いかもしれません。

14_08_12_4536

 単行のため八雲あたりから混み合ってきましたが、満タンになるほどの需要はありません。普通列車の本数が函館近郊の森までと大きく異なるのも頷けるところで、大半の列車が単行なのも頷けるところです。人口密度は低いものの、土地だけは延々と続いていく印象でやっぱり北海道は広いですね。

14_08_12_7462 長々と走って長万部に到着。長万部て遠いんですね。函館からすぐなのかと思ってしまいますが、特急でも1時間ぐらいかかる距離なので普通ならなおさらです。長万部から静狩に移動してトワイを撮影する手もありましたが、先に書いたように疲れていたので、ここで引き返すことにしました。ではここへ何をしに来たのか…翌日に北斗星を長万部近辺で撮る予定にしていたので、どこか撮りやすいところはないかとロケハンを少々してみました。歩けど歩けど撮れそうなところには出なかったので、撮影は諦めて駅に戻りました。北斗星は駅撮りでも十分かなと思いながら、駅前で2番目の目的であるかにめしをGET。いかめしに続いてかにめしの制覇にとりかかりました。

140812hakoosyaman かにめしもいかめしに負けず劣らず出来立てのほやほやでした。こちらは駅の外に店があり、道路沿いで駅弁を販売しているため、鉄道利用者よりも車やバイクで駅弁を買いに来る人が多いようです。鳥取のかに寿司もいいですが、個人的には長万部のかにめしの方がうまく感じますね。

14_08_12_4508

 かにめしを折り返し列車の車内で食して、森へと戻ります。夕方近くなり、列車は席が埋まりつつありましたが、それでも空席がある程度の乗りで、18や北海道・東日本パス利用者が多いようでした。列車は函館行きのため、森でバカ停してました。バカ停の間に増結するのかと思ってみていたら、増結なしの単行のままで函館へ向かうようでした。

14_08_12_4638

 森では8002レを跨線橋から撮影。北舟岡で海をバックに撮りたかったのを再現するため、森でも無理矢理海を入れて撮ってみました。やっぱりここでは風味が出ないですね。この後は疲れていたので早々と森駅前のホテルに退散しました。

14_08_13_3641

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ   にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ   にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2014年8月28日 (木)

北紀行6~駅前にポニー!北の大地の新函館北斗駅を見る〜

14_08_12_5147

 8月12日火曜日。大沼での撮影後、クルマを走らせて、函館に戻るつもりでしたが、前日あまりよく見れなかった新函館北斗駅をもう一度見物したおこうと再訪しました。

14_08_12_5086

 まず前日大雨の中、車の中から見た方の駅舎を撮影。大雨のため撮影がなかなかでしたが、この日は晴れていたので車から降りて撮影できました。

14_08_12_5106

 そこから車を走らせてみると車両基地らしきものが見えてきました。結構出来上がっていますね。まぁ再来年開業であればこれぐらいできてて当たり前なのかもしれません。

14_08_12_5080

14_08_12_5084 車両基地から線路をくぐって反対側に出るとのどかな風景が展開されていました。渡島大野駅付近に近づくため、車を置いて歩いてみると…駅前付近にポニーが放牧されていました。ペット?ポニーの使い道はいまいちわかりませんが、観光用に飼育しているようにも思えませんし、少頭数なので農家の人が飼っているのかもしれません。後に訪問した札沼線の新十津川駅前にもポニーがいましたが、あっちはふれあい牧場みたいな形になっていました。渡島大野は完全に田んぼの延長みたいなところに放牧されており、おまけに駅周辺では新幹線と在来線の駅が建設中という様相で、とても新幹線の駅前という光景ではなかったのが面白かったです。

14_08_12_5133

 ポニーがいる駅前から今度は駅の札幌寄りの陸橋に移動して、駅を見渡せるポジションで撮影しました。在来線と交差するイメージをもってきましたが、並行する形でホームができるんですね。

14_08_12_5152

 おまけに札幌延伸に備えてか線路が札幌方に延びているのも印象的でした。しかし、このまま線路が延びると陸橋の道路にぶつかってしまいます。新幹線延伸時にはこの陸橋も取り壊されることになるのでしょうかね。

14_08_12_5161

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ   にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ   にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2014年8月27日 (水)

北紀行5~早朝から大沼で夜行2本とレッドベア多数捕獲~

14_08_12_4747

 8月12日火曜日。北海道遠征都合3日目。レンタカーを借りて前日は函館駅前の駐車場でマルヨ。台風11号の突風で目が覚めることが多く寝た気にならぬまま、朝を迎えました。朝市に行く人が、駐車場でマルヨするらしいですが、私は4時出発で大沼へ。観光ではなく、当然ながら撮り鉄です。

14_08_12_4738

 前日に下見しておいたので撮影場所はバッチリです。ただ、迷ったのが、水辺をバックにするかどうか。トワイライト通過の時点では、露出もイマイチで、天気もイマイチだったので、クビかっくんのストレートで撮ることにしました。トワイライトと後続の3057レを同所で撮影。

14_08_12_4766 DF200-58牽引の3057レ札幌貨物ターミナル行き貨物列車。

14_08_12_4782 函館本線上り始発列車の5880D。森始発で運転されている。

14_08_12_4801 下り始発の2841D普通長万部行きは豪華キハ40系3両編成で運転。

14_08_12_4825 その後、水辺をバックにしたポジションに移動して5001D特急スーパー北斗1号札幌行きを撮影。

14_08_12_4856 大沼始発の4850D普通函館行きは大沼でスーパー北斗1号と交換する形でやってくる。

14_08_12_4866 森始発の5882Dは大沼発7時06分。北斗星通過前にやってきた。

14_08_12_4895 さらに同じ場所で後続の1レ寝台特急北斗星札幌行きを撮影。

14_08_12_4913 北斗星のケツ討ち。最近ブルトレを撮ると後ろの鉄っちゃん席に必ず人がいますね。こっちも撮っているが、あっちも撮ってるという感じです。要するにこっちも撮られてるということですね。ひょっとしたら動画に記録されているかもしれません。

14_08_12_4935 DF200-119牽引の2051レ札幌貨物ターミナル行き。お盆前の平日なので貨物もバンバンやってきます。

14_08_12_4953 4851D普通大沼公園行きは渡島大野経由のため、手前の線路を走ってやってきた。線路は単純な複線に見えるが運行系統は単純ではない。

14_08_12_4969 DF200-62牽引の3062レ越谷貨物ターミナル行き。

14_08_12_4977 DF200-114牽引の3091レ札幌貨物ターミナル行き。

14_08_12_5005 なんかわからんけどDE10-1691単機回送。

14_08_12_5024 5003D特急スーパー北斗3号札幌行き。キハ281系7両編成で運転されている。

14_08_12_5044 DF200-105牽引3082レ百済貨物ターミナル行き。これはいつも撮っている5087レとなる列車。これを潮に撤収しました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ   にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ   にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)