カテゴリー「中小私鉄」の記事

2019年10月14日 (月)

【三岐鉄道三岐線乗り歩き3】

19-09-21_0608

 9月21日土曜日。伊勢治田駅で折り返して西藤原へ向かいました。

19-09-21_0588

 途中先頭車から太平洋セメントの引き込み線を見物。先ほど入替していた貨物列車の姿が見えました。

19-09-21_0593

 工場の先の高架線にも貨車の列が延びてました。

19-09-21_0621

 終点の西藤原も2度目の来訪です。こちらは貨物列車の乗り入れはありませんが、庭園鉄道が整備されており、駅構内にもSLやELが展示されていました。

19-09-21_0639

 駅舎もなんだかトーマスを彷彿させるSL型の建屋でした。

19-09-21_0714

 西藤原からは車庫がある保々まで戻りました。保々では乗ってきた電車が車両交換のため、乗ってきた人のほとんどが近鉄富田行きに乗車していきました。

19-09-21_0769

 三岐線の車両が集う保々車庫。貨物列車を牽引する機関車もここに留置されています。

19-09-21_0814

 保々からは最後に大安を訪問。なかなか縁起のいい駅名ですね。

19-09-21_0827

 ホーム1面1線の小さな駅ですが、駅舎はかなり立派・・・というか大安図書館の中に入居しているという方が正しいです。図書館を併設する駅というのは初めて見ました。これまで近畿圏の各駅をかなり訪問しましたが、本格的な図書館は初めてですね。

19-09-21_0866

 大安からは近鉄富田まで戻って名古屋線に乗り換えて急行で四日市へ移動しました。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2019年10月13日 (日)

【三岐鉄道三岐線乗り歩き2】

19-09-21_0318

 9月21日土曜日。三岐線乗り歩きの旅第2弾です。丹生川から三岐線に入り、梅戸井を見て回り、貨物列車を見送って東藤原へ向かいました。

19-09-21_0286

 東藤原は貨物の拠点で、側線が多く、貨車が留置されていました。

19-09-21_0299

 駅舎は小ぎれいなレンガ造りのメルヘンチックな建屋でした。貨物の入替などの作業にあたる作業員が多いためか、駅業務も作業服を着た人が兼任しているようでした。

19-09-21_0304

 小野田セメントのホキ5700貨車が駅前に展示されていました。

19-09-21_0323

 先ほど梅戸井で見た貨物列車がちょうど東藤原駅の奥にある太平洋セメント藤原工場まで回送されるところでした。工場で荷の積み下ろしをしてまた富田方面へと向かいます。

19-09-21_0364

 貨物の回送を終えて、機関車だけが東藤原駅に戻って来ました。

19-09-21_0423

 名古屋地区でよく見かける白ホキも留置されてました。

19-09-21_0463

 次の普通電車で伊勢治田に移動しました。伊勢治田も以前訪問済みですが、そのころはあまり各駅を見て回る趣味はなかったので、今回再訪した次第です。

19-09-21_0261

 木で作られた駅名板が特徴的な伊勢治田駅。駅構内は広く側線が広がっていますが、車両の留置はありません。

19-09-21_0523

 隣の丹生川で電車が行違うため、短時間を利用して駅を見物しました。

19-09-21_0563

 続いて西藤原行きに乗って終点の西藤原へと向かいました。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2019年10月12日 (土)

【三岐鉄道三岐線乗り歩き】

19-09-21_0026

9月21日土曜日。朝から三岐鉄道北勢線を乗り歩いて、麻生田からは三岐線に転戦するため歩きました。30分ほど歩くと三岐線の丹生川に着きます。以前は阿下喜から伊勢治田まで歩きましたが、今回は違う駅からということで麻生田から丹生川まで歩きました。雨が降って来そうでしたが、何とか持ってくれました。丹生川到着時にはポツポツ来ましたが、それほどひどくはなりませんでした。丹生川は二度目の来訪で、以前にも見物した貨物鉄道博物館にあるSLなどを見物しました。残念ながら貨物鉄道博物館は開館されていなかったため、外からSLだけ見ただけでした。

19-09-21_0036

 駅側にもスイッチャーとタンク車が展示?されていました。

19-09-21_0048

 丹生川駅は有人駅で、切符の販売も行われています。以前切符を買った時には硬券でしたが今も硬券なんでしょうかね。今回はフリー切符使用のため切符は購入してません。

19-09-21_0074

 丹生川で電車待ちの間に貨物列車がやって来ました。歩いてきた途中にも踏切で貨物列車を見かけましたが、電車の本数が毎時1本の運転となっているのは貨物列車を運転しなければならないという事情もありそうです。

19-09-21_0117

 丹生川からは西藤原へ向かう電車はスルーして近鉄富田に向かう電車で梅戸井へと移動しました。

19-09-21_0162

 三岐鉄道三岐線の電車は近鉄の息がかかった北勢線と違って、西武電車が大活躍でした。

19-09-21_0173

 梅戸井駅も有人駅でした。各駅とも駅員が配置されているのが北勢線とは違うところで、反対に自動改札機や自動券売機の設置はありません。省力化という点では北勢線の方が進んでいますが、三岐線は貨物列車運行という役目もあるため、有人駅とする方がいいのでしょうね。

19-09-21_0218

 梅戸井でも列車待ちの間に貨物列車がやってきたので撮影できました。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2019年10月11日 (金)

【三岐鉄道北勢線乗り歩き~ナロゲージを楽しむ3~】

19-09-21_9840

 9月21日土曜日。三岐鉄道北勢線乗り歩き第3弾です。楚原から再び西桑名方面へ戻り大泉駅へやって来ました。大泉駅は2004年に大泉東駅と長宮駅を統合して設置された新しい駅です。地元農産物販売施設うりぼうを併設してます。

19-09-21_9863

 農産物販売のうりぼうを併設する大泉駅舎。駐車場も整備されており、ここでもパークアンドライドができる環境になっています。

19-09-21_9868

 うりぼうといえば猪なんですが、なんでか巨大たぬきが出迎えてくれる農産物直売所うりぼう。

19-09-21_9918

 再び阿下喜行きに乗って阿下喜方面へ移動しました。

19-09-21_9937

 北勢線最終目的地は阿下喜ではなく麻生田駅をチョイスしました。ここまでくるとかなりローカルな雰囲気が漂っており、楚原からの駅間距離もこれまでになく距離がありました。

19-09-21_9958

 ローカルな無人駅でも自動券売機、自動改札機が設置されています。ICカードが利用できないのが欠点ですが、自動改札機が設置されているので、取りこぼしも減っているのではないでしょうか。

19-09-21_9974

 駅前からはコミュニティバスも発着してましたが、時間が合わないので断念して、三岐線の丹生川まで歩きました。以降は三岐線乗り歩きへと続きます。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2019年10月10日 (木)

【三岐鉄道北勢線乗り歩き~ナロゲージを楽しむ2~】

19-09-21_9557

 9月21日土曜日。三岐鉄道北勢線乗り歩き続編です。蓮花寺駅から東員行き普通で東員まで移動しました。電車は東員到着後は大泉方にある車庫に引き上げていきました。東員は折り返し電車の設定もあり、大きな有人駅でした。

19-09-21_9567

 駅前には大きなロータリーがあり、各方面への路線バスやタクシーが発着してました。バスは三岐線山城方面などへ運行されており、両線の乗り潰しなどにも利用できそうです。

19-09-21_9602

 東員には留置線もあり、3両編成の電車が1本留置されていました。

19-09-21_9636

 続いては七和駅に移動しました。ここも無人駅ながら自動改札機、自動券売機が設置されていました。

19-09-21_9663

 構内踏切付近にある緑のテントが近鉄を感じさせてくれますね。

19-09-21_9755

 七和から楚原行きで楚原へと移動しました。楚原駅の麻生田駅までの間に有名な眼鏡橋などがあります。以前撮影に来たことがあります。

19-09-21_9770

 楚原駅も立派な駅舎があり、駅員も配置されています。

19-09-21_9829

 楚原駅の手前には急こう配があり、上がったり、下がったりで、吊り掛け駆動のモーターが唸りを上げて走ります。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2019年10月 9日 (水)

【三岐鉄道北勢線乗り歩き~ナロゲージを楽しむ~】

19-09-21_9535

 9月21日土曜日。この3連休は近鉄週末フリー切符を使用して近鉄沿線の中小私鉄を乗り歩いてきました。いつも通り大阪難波発6時00分の始発のアーバンライナーで移動しました。いつもは津で降りて、塩浜に向かって塩浜貨物を撮るのですが、今回は津から名伊特急に乗り換えて桑名へ向かいました。桑名で早速近鉄から離れて三岐鉄道北勢線の乗り歩きに入りました。

19-09-21_1165

 津から桑名までは22600系をチョイスしました。最近はコンセント付き車両を選ぶと22600系か22000系リニュ車になるので便利です。桑名駅は改良工事中で、工事が完了すると橋上駅舎になるようです。

19-09-21_1173

 珍しい5200系準急が停車してました。近鉄の撮影はこれだけで、後は三岐鉄道乗り歩きとなりました。

19-09-21_1220

 西桑名駅で三岐鉄道の1日乗り放題パスを購入。北勢線と三岐線が乗れて1100円なり。お得かもしれませんね。西桑名から星川まで移動しました。

19-09-21_9398

 星川駅はショッピングセンターに隣接しており、パークアンドライドができる環境です。大きな星のマークが特徴の駅舎には自動改札が完備されています。

19-09-21_9439

 続いて上り電車で一つ手前の在良へ戻ります。鉄道むすめ楚原れんげのマーク付の車両がやって来ました。

19-09-21_9459

 在良では列車交換の光景が見られました。ここも自動改札が設置されていますが、無人駅のため、インターホンでフリーパスを提示して改札を開けてもらって下車します。

19-09-21_9478

 折り返しに時間があったので、在良駅から隣の蓮花寺駅まで歩きました。

19-09-21_9501

 蓮花寺駅も駅前に広大な駐車場が整備されており、パークアンドライドができる環境でした。各駅ともきれいに整備されており、無人化されていますが、自動券売機、自動改札が設置されています。駅設備はローカル線としてはかなり整備されていますね。この後はここからさらに北勢線を進んでいきます。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2019年5月 1日 (水)

【さよなら平成・・・こんにちは令和】

19-04-28_0985

 さよなら平成・・・こんにちは令和。国鉄がJRに変わった時によく使われたフレーズを使ってみました。平成が幕を閉じ、令和の世が始まりました。2019年は年明けは平成31年でしたが、本日より令和元年となりました。1年で2つの時代を経験するのは2度目になりますが、昭和の終わりはわずか7日間だったので、平成元年はほぼ1年過ごしたことになります。今回は1年の3分の1を平成で過ごし、残りの3分の2が令和元年となるため、なかなか令和に馴染むのに時間がかかりそうです。休み明けには、まだまだあちこちに平成31年が残っているため、業務上混乱をきたすところもありそうです。

15-06-14_4765

鉄道界では平成から令和の移り変わりに際して貸切列車を多数運転するなど盛り上がっていますね。平成駅が平成最後の日に賑わっていましたが、令和になると、令和駅がないので、どのような盛り上がりがあるのかある意味注目されるところです。平成の鉄道は、昭和の末期に国鉄分割民営化が行われ、平成はまさにその時代に生まれ育った人たちと同じく国鉄を知らない時代でした。JR発足後も平成の世に移り変わってからも国鉄車両は長らく活躍を続けてきましたが、国鉄車両も令和の世が始まり、いよいよ最終章を迎えることになりそうです。JRでは国鉄車両が姿を消すことにより、国鉄及び昭和の幻影も一緒に姿を消すことになります。時代を超えて、生きながらえてきた国鉄車両の最期を目に焼き付けておきたいところです。

18-12-30_2663

令和の世では、おそらくリニア新幹線が実現することになります。昭和にひかりが誕生し、平成ではのぞみが誕生。そして令和ではリニア新幹線。リニア新幹線の愛称も気になるところですが、昭和、平成、令和と発展を続けて来た新幹線が今後どのように発展していくのか注目したいところです。

12-12-22_1024

その反面、JR北海道やJR四国では人口減少などにより、経営が厳しくなってきており、多くの路線の存続が厳しい状況になっています。JR東日本やJR西日本、JR九州でも過疎化が進む地域を走る路線などでは、今後は廃止の可能性も出てきそうです。第3セクターや地方の鉄道も言わずもがなです。令和の世では、リニア新幹線の開業という明るい展望とともに、その裏で地方では鉄道路線の廃止が加速する可能性もあり、国鉄再編に次ぐような鉄道網の再編が行われる可能性もあるのではないかと思います。世間では東京オリンピック、大阪万博が行われ、明るい時代の到来を予感させてくれる令和の時代ですが、鉄道業界にとっては明るい面と暗い影を落とす面の両方があるのではないでしょうか。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2018年12月29日 (土)

【和歌山電鐵貴志川線乗り歩き3】

18_11_17_7342

 11月17日土曜日。和歌山電鐵貴志川線乗り歩き第3弾。伊太祁曽から今度は貴志までの間の各駅を巡りました。

18_11_17_7210  伊太祁曽では行き違う和歌山行きのたま電車を縦位置で撮影しました。

18_11_17_7246  うめ電車でまずは再訪となる大池遊園へ移動しました。

18_11_17_7273  大池遊園は以前にも来ているので訪問予定ではなかったのですが、時間が余るのでここも立ち寄ることにしました。以前はなかったトイレと駐輪場が整備されていました。

18_11_17_7331  続いて訪問した山東駅はタケノコの産地なのかタケノコを全面に押し出していました。ゴミ箱までタケノコ仕様にするほどタケノコづくしでした。駅前はミカン畑なんですけどね。

18_11_17_7410  続いてかつての行き違い駅の甘露寺前へ移動。いかにもという線路のくねりが行き違い設備があったことを感じさせてくれます。

18_11_17_7395  このアングルもかつて島式ホームだった名残を感じさせてくれますね。

18_11_17_7414  甘露寺前から西山口へ移動。ここが最後の乗り歩き終点です。駅前の道路の交通量は多いですが、駅の利用者はなかったですね。

18_11_17_7468  最後にニタマ駅長就任後初めて貴志駅を訪問しました。駅長はいましたが、ご覧の通りお休み中でした。たま駅長も起きているのを見たことがないので、仕方ないです。

18_11_17_7474  貴志駅の招きネコ効果は日本よりも今は海外に波及しているようで、外国人観光客の多さには驚かされました。この日は外国人にしては珍しくツアーで来ているのが目立ちましたね。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月28日 (金)

【和歌山電鐵貴志川線乗り歩き2】

18_11_17_7020

 11月17日土曜日。和歌山電鐵貴志川線乗り歩き第2弾。竈山駅まで来て、またまた折り返して神前へと移動します。

18_11_17_6849  おもちゃ電車の折り返しかと思ったらうめ電車でした。さすがは紀州梅の産地ですね。

18_11_17_6862  単面ホームの神前駅に到着。うめ電車・・・ネーミングは地味ですが、電車は派手です。

18_11_17_6894  今度はおも電がやって来ました。岡崎前でたま電と交換しました。

18_11_17_6978  岡崎前から交通センター前へ移動。交通センターにはかつて南海平野線で活躍したモ217が静態保存されています。

18_11_17_7001  交通センター前からは再びたま電車に乗って吉礼へ移動。

18_11_17_7086  吉礼駅は街中にあり、スーパーなども近くにあり人通りがありました。駅の前には何やら歴史がありそうな建物がありましたが、何の建物かはわかりません。

18_11_17_7143  伊太祁曽駅に移動して前半戦は終了です。伊太祁曽駅は以前はにたまがいましたが、今はよんたまがいるはずですが、訪問時間が早かったようで、よんたまの姿はありませんでした。

18_11_17_7185  よんたまの部屋があるだけで主は不在でした。

18_11_17_7128  車庫ではいちご電車ときいちゃん電車?が並んで休んでいました。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月27日 (木)

【和歌山電鐵貴志川線乗り歩き1】

18_11_17_6671

 11月17日土曜日。この日は早朝から和歌山電鐵を訪問するため、関西ワンデイパスを使用して茨木から和歌山まで移動しました。和歌山までの往復だけなら関西ワンパスを使う必要もありませんが、なんぼか寄り道して元を取ろうという戦略で購入しました。

18_11_17_6633  早朝にJR京都線と大阪環状線を乗り継いで、天王寺まで移動して天王寺から関空紀州路快速で一路和歌山へ。席を確保してまったりと和歌山まで過ごして、ガッツリ寝ました。

17_04_08_9684  和歌山駅では早速和歌山電鐵の改札で1日乗車券を購入。和歌山駅から既にたまづくしでしたね。死してなおも輝くたまは偉大ですね。

18_11_17_6657  まずはおもちゃ電車に乗って日前宮へと移動。ガチャガチャが車内にあるのは斬新ですけど、毎日乗る電車としてはちょっと落ち着かない造りですね。

18_11_17_6713  日前宮駅は紀伊一宮の日前宮への最寄駅です。

18_11_17_6725  おかでんチャギントンが貴志行きで折り返して来ました。こちらには乗らずに和歌山方面へ1つ戻って田中口へ移動。

18_11_17_6743  和歌山行きは出ましたたま電車。ちゃんと耳まで付いているのはなかなか芸が細かいですね。

18_11_17_6750  田中口駅はJRきのくに線と分かれてすぐに駅があります。

18_11_17_6789  折り返しも和歌山からのたま電に乗車。こちらは朝の時間帯設定されている伊太祁曽行きとなっていました。この電車があるので、朝早く移動して来たというのもあります。これで竈山まで移動。

18_11_17_6810  竈山はかつては行き違い駅だったようで、その遺構が残っていました。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧