カテゴリー「鉄道展示・廃線」の記事

2016年7月12日 (火)

和歌山線ホーム跡に思いを馳せて~阪和線紀伊中ノ島駅~

16_07_02_0161

 7月2日土曜日。山中渓から新鋭の225系5100番台普通和歌山行きに乗って紀伊中ノ島まで移動しました。各駅探訪のつもりでやって来た紀伊中ノ島駅でしたが、地味な駅ですが、なかなか見所の多い駅でした。

16_07_02_0185 ホームは築堤上にあり、一見高架駅風に見えますが、高架駅ではないです。ホームの屋根の支柱は、なかなか面白い造形をしており、レトロ感満載です。

16_07_02_0235 紀伊中ノ島駅舎。かなり古い木造の建屋ですが、瀟洒な感じがしますね。駅は無人駅で、ICカードのみ対応の改札があるのみ。駅前には、今や希少価値の高い駅前旅館がありました。

16_07_02_0240 こちらは旧和歌山線の紀伊中ノ島駅ホームから阪和線を望む景色。私が生まれる前に廃止となっているので、かなり年数が経っているにも関わらずホーム跡があるというのは摩訶不思議です。駅周辺は結構時間が止まったような景色が多く見られます。

16_07_02_0313 近くには和歌山市へと向かう紀勢支線が走っています。紀伊中ノ島からの和歌山線は紀和で紀勢線に合流してました。その名残もあり、和歌山線から和歌山駅を経由して紀勢支線へと直通する電車は、JR発足時にも見られました。

16_07_02_0254 ホームに戻って撮影。上りホームからカーブを描いて進入する上り電車が撮れます。289系くろしお6号がやって来ました。特急の方は、昨年一足先に、阪和線新時代を迎えていますね。

16_07_02_0286 またまたやって来ましたHF604編成普通天王寺行き。先ほど紀伊中ノ島まで乗った編成とはまた別物でした。阪和線の普通も豪華になりましたなぁ…座席はちょっと減った気がしますけど。

16_07_02_0342 続いては205系1000番台普通天王寺行きと223系普通和歌山行きのコラボ。223系の普通和歌山行きは、以前からきのくに線で見られましたが、和歌山以北でも見られるようになりました。阪和線世代交代の画が見られるのもわずかな期間になりそうです。撮るなら今のうちですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月29日 (月)

JR神戸臨港線跡を歩く

16_02_13_4560

 2月13日土曜日。阪神岩屋駅まで阪急阪神1DAYパスの旅を続けてきましたが、ここから前回訪問時に気になった神戸臨港線跡を少し歩いてみることにしました。

16_02_13_4516 前回灘駅訪問時に気づいた神戸臨港線跡の遊歩道。ここから春日野道付近まで歩いてみました。

16_02_13_4523 この鉄橋跡がかつて鉄道が通っていた証といったところでしょうか。貨物線を走る貨物列車は見たことがあるのですが、残念ながら記録が残っていないのが残念なところです。

16_02_13_4527 ランニングやウォーキングのための距離表示が岐路ポストなのはこれまた鉄道跡の証と言えそうです。

16_02_13_4533 ムム~これは…線路跡…ではなくミニ鉄道の線路ですね。何か走らせるイベントでもあるのでしょうかね。

16_02_13_4574 国道2号線を跨ぐと本物の線路跡が出てきました。鉄橋にも架線柱が残ってましたが、こちらの線路跡にも架線柱が残されています。ここにLRTを走らせるという計画もうわさされていましたが、どうなったんでしょうかね。海側は交通空白地帯でもあるのでLRTの運行はある程度有効なのではないでしょうかね。

16_02_13_4582 神戸臨港線の標識も残されている線路跡。

16_02_13_4592 線路跡の終端部では神戸臨港線に関する説明がありました。

16_02_13_4598 こんな立派な線路跡があるなら…貨車でも置いてもらったらさらに臨場感が出るのですが…鉄道模型じゃあるまいし、メンテなどを考えるとそう簡単にはいかないのでしょうね。機関車となると尚更です。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月17日 (日)

姫路モノレール跡を歩く~姫路でゼロロク5071レに遭遇~

15_05_02_4923 ぴ~かんの姫路駅で遭遇した5071レを牽引するゼロロク24号機/姫路

15_05_02_5344 5月2日土曜日。午前中こうのとり撮影後、梅田で所用をこなして昼から大阪駅から姫路まで新快速で移動しました。新快速ではがっつり睡眠を取り、気が付けば西明石を過ぎていました。連休中とはいえ、昼下がりの新快速はそこそこ混雑しているものの、立客までは出ないレベルの混み具合でした。

 姫路到着後は、後続の5071レを撮影しました。ゼロロク24号機牽引でした。ここでゼロロクに出遭うとはなかなか奇遇ですね。

15_05_02_4908 姫路駅名物のまねきそばも頂きました。相変わらず美味です。この日は暑かったので少し汗をかきました。

15_05_02_4938
 ゼロロク撮影後は姫路駅周辺をぶらつき駅見物。真正面に見える城が白いこと…白鷺城とはよく言ったものですね。それにしても姫路駅は高架化後の周辺整理が済んで見違えりましたね。オープンデッキから見える姫路城は格別です。

15_05_02_4941 駅の真正面に見える白鷺城は白さを増して存在感を増していました。

15_05_02_4965 旧大将軍駅跡。大将軍・・・大層な名前ですな。この廃墟後には将軍様の幽霊が出るとか・・・と言っても不思議ではない光景です。

15_05_02_4994 姫路駅からぶらぶら歩いて手柄山へと向かいます。いいお天気です。姫路モノレールの痕跡を見ながら手柄山まで気軽に歩きました。 姫路モノレールウォークは以前にもやってますが、今回は丸々同モノレール跡を歩くので、始発から終点まで乗り潰した気分です。あくまで気分に過ぎませんが…私が生まれる前に姿を消してましたからね。

15_05_02_4975

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ   にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ   にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0)

2013年6月19日 (水)

南海天王寺支線跡を歩く~ディープな大阪を体感~

130608nantennoji5 日本一の高層ビルあべのハルカスのほんのわずか隣には大阪で一番ディープな光景が展開されている。かつてそんな中を南海天王寺支線は走っていた。

130608kanjyo103la32 天王寺駅を出て大阪環状線外回り線が大和路線を跨ぐ付近。右端の架線柱が南海天王寺支線の痕跡である。天王寺支線はここで天王寺駅前の大通(国道ではないのか?)と交差して南西方向に走っていた。

130608nantennoji 金網で仕切られている南海天王寺支線跡。全く何にも利用されていない。

130608nantennoji2 おそらくガード下だったと思われる南海天王寺支線と道路の交点。

130608nantennoji4 阪神高速の下をくぐって飛田本通へと向かう廃線跡。

130608nantennoji6 かつて飛田本通駅があった付近。動物園前一番街のアーケードの向こうに駅はあったようだ。このあたりもかなりディープな印象。学生時代に一度社会見学?に来たことがあったが、その時には商店街に互い違いの大きさの靴が平気で売られていたのを思い出す。

130608nantennoji7 このあたりは素泊まりの格安の旅館やホテルが多い。本来はこの界隈の労働者が利用する宿泊施設だったが、新今宮駅前などのホテルには格安で泊まれることから外国人の姿が多く見られ驚かされる。

130608nantennoji8 金網や背の高い塀で隔離されるように続く南海天王寺支線の廃線跡。そのまま放置しておくと周辺状況から朽ち果てるのは目に見えているので厳重に仕切られているのかもしれない。一部は遊歩道として整備されていたところもあったようだが・・・やはりどこもかしこも閉鎖されてしまっている。

130608nantennoji10 今池駅付近の天王寺支線跡。

130608nantennoji9 阪堺線との交点付近に今池町駅があった。阪堺線の今池は少し北にずれている。この付近から地下には堺筋線が走っている。天王寺支線の今池町~天下茶屋間は堺筋線建設と天下茶屋駅の高架化の引き換えに廃止された経緯がある。

130608nantennoji12 この先はこの近辺でも一番ディープな地域とも言える光景が展開されていた。通称あいりん地区と呼ばれる釜ヶ崎です。ちょうど炊き出しの時間だったようで、三角公園には長蛇の列ができていました。さすがにその近辺で写真撮影をする根性もなく・・・というか天王寺周辺以外一眼をやめてコンデジにしてしまうほどちょっとちびってました。

130608nantennoji11 何やら公園らしき広場になっていますが、ここもおそらく天王寺支線の跡地と思われます。向こうに見慣れてきた塀が見えます。

130608nantennoji13 天下茶屋方面へ向かっていた天王寺支線の廃線跡と思われる恒例となった仕切りが見える。奥には今宮ふれあい会館が見える。

130608nantennoji14 対岸には明らかに天王寺支線跡恒例の金網がある。その奥にはアパートが建てられていた。廃線跡では先のあいりん地区のNPOなどの建屋と並び珍しく土地活用されている例と言える。

130608nantennoji15 南海本線との取り付き部は駐車場になっていた。ここも恒例の金網が見られた。

130608nantennoji16 天下茶屋駅周辺の風景。側道がやたら広いのは南海天王寺支線跡のおかげか?

130608nantengatyaya “天下”茶屋の名に負けず劣らずやたらと立派に見える天下茶屋駅。南海と地下鉄堺筋線の乗り換え駅として名実ともに立派な結節点に成長した天下茶屋駅だが、周りは大阪の下町を感じさせるところがたくさんある。さすがに天王寺支線沿線のようなディープさはないが・・・。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ   にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ   にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

| | コメント (1) | トラックバック (0)