カテゴリー「ローカル線」の記事

2015年10月14日 (水)

丹鉄乗り入れもあとわずかとなった381系こうのとりを撮る

15_09_21_7393

15_09_21_7285 9月21日月曜日。イソクロでこうのとり7号、14号を撮って黒井駅に戻り、一路福知山を目指します。今度こそはの思いを込めて丹後鉄道宮福線へと足を向けていきます。非常に腹が減っていたので、福知山の王将で遅めの昼食を頂き、福知山から宮福線普通に乗り込みます。前寄りにあおまつが連結されていましたが、観光客でほぼ満席だったので、後ろのふつーの車両に乗り込み、大江までの旅を楽しみました。

15_09_21_7405 大江駅ではちょうど381系はしだてと行き違い。いい画が撮れました。とはいえ、これが狙いではなく、この2時間ほど後に来るこうのとりが狙いです。ということで大江駅で降りて撮影地に向かいました。ちょうど撮影ポイントには先ほどの381系はしだてを撮って撤収する人がいたので、どこで撮ればいいのか見当が付きました。

15_09_21_7424 大江駅付近の撮影ポイントに陣取りましたが、みなはしだてで帰って行ったため、しばらく一人ぼっちでの撮影となりました。撮影と言っても16時台に上下1本ずつ、17時台にはしだて、こうのとりがあるのみなので効率はよろしくありません。もっともはしだて、こうのとりはいずれも381系使用なので、宮福線で381系を撮るには効率いいことこの上ありません。

15_09_21_7433 16時台には普通が上下1本運転されており、下りはKTR102でした。

15_09_21_7439 上りはというと…113系2両編成がやってきました。う~ん抹茶の113系をここで撮れるとは…以前カフェオレを撮っているので、宮福線電車の撮影としてはまずは満足しました。しかし223系の乗り入れはないのでしょうかね。

15_09_21_7443 17時台まで粘り、漸く381系下り特急はしだてが通過。天気は中途半端に晴れてくれたものの、影がかかりいまいちでした。どうせなら曇ってる方がましだったかも?といったところでしょうか。

15_09_21_7461 17時台のもう1本は今回の宮福線遠征の大目的である381系こうのとり22号。こちらも中途半端な晴れでちょっと撃沈。どうせなら曇でよかったんですけどね。1ヶ月前ならもうちょっと影も少なくいい感じに撮れたのかもしれません。なんせ1か月前は福知山まで来たものの、それ以前に宮福線というか丹後鉄道が停電でウヤとなってしまい、こうのとり7号も22号も福知山~天橋立間でウヤになっていたので撮れる由もありませんでした。今回は撮れただけでも幸せと感じる方が妥当でしょうね。

15_09_21_7481 こうのとり22号撮影後は普通列車に乗って福知山に戻り、福知山からは豪華にこうのとり24号に乗って大阪まで戻りました。やっぱり乗るなら287系ですね。シルバーウィーク半ばの夜の上りということもあり、指定席は満席でした。意外に単線区間の方が飛ばして、JR宝塚線に入ると遅くなる・・・やはりあの事故の影響か・・・なんとなく違和感を覚える走りながら、大阪まで快適に過ごすことができました。

~明日は真夜中の中国道を驀進し山陰トワイを追う編へとつづきます~

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ   にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ   にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月23日 (水)

晩夏の青森遠征~曇天の中JR大湊線を撮る~

15_08_29_2851

 8月29日土曜日。新青森でレンタカーを借用。事務所を出て1周して新青森駅前に出たところで狙おうか迷っていた2075レが通過。あれあれ幸先悪いなぁと思いながら、さてどこへ行くかとナビを設定。とりあえず翌日の下見のため津軽線沿線へ向かいました。特に目当てもないし、気づけば持参予定だった貨物時刻表を忘れてきたので情弱のまま現地に到着。油川駅近くの西田沢踏切付近です。早速置きゲバを目の当たりにして、さらには周辺に駐車しているクルマもあり、これは激パの可能性もあるなと多少頭の片隅に入れて、とりあえずここは翌朝の現場として、他所へと移動。しかし、あまりいい撮影地が見つからず、油川で何か撮っておけばなぁと後で後悔することになりました。いい天気でしたからね油川
は。

15_08_29_2811 油川周辺では北海道新幹線の高架も見え、田園地帯に新幹線の立派な高架が走る光景が見られました。去年も同じような風景を北海道で見た気がします。新幹線では同じような風景しか見れませんね。

15_08_29_2822 津軽線では奥沢付近まで走ったところでカモレとすれ違い撃沈。撮影どころか、さらに油川に戻った時には下り貨物のお尻だけを見るという大失態を犯してしまい、撮影せぬまま津軽線を去ることになりました。

15_08_29_2830 津軽線はこの日の一大目的ではないので、この時点ではあまりショックは引きずらずに大湊線に移動しました。2時間近い移動時間ということでちょっと遠いですが、夕日がきれいな路線なので期待して向かいました。道中は浅虫温泉ぐらいまでは結構晴れていたのですが、野辺地に近づくにつれて雲行きが怪しくなりました。おまけに野辺地手前で交通事故のため対面通行の規制に出くわしました。4号線で正面衝突やられちゃぁ~なぁ…最近事故を多く見かけます。我が身に降りかからぬよう気を付けたいものです。渋滞のため到着は遅れましたが、もともと余裕をもってきたので、列車の時間には間に合いました。大湊線の撮影地もいまいち勝手がわからず、あちこち走り回りましたが、何とか車が止められるところを見つけて、一発目を撮ることにしました。残念ながら夕日もくそもないぐらいドン曇りでした。

15_08_29_2838 もっと画になるところだと思っていたのですが、曇ってしまえば…どこで撮っても同じですね。

15_08_29_2845 上下とも快速列車でしたが、下りはキハ110系、上りはキハ40系でした。キハ40の方は首都圏色ながらも側面にストライプが入った車両でした。

15_08_29_2876 17時台の列車も撮影してと思っていましたが、露出が厳しくなり、さらにほかの撮影地を探していたものの、大きな水たまりなどに阻まれて線路際まで行けずに撤収しようかと迷って、有戸駅まで引き上げました。とりあえず有戸駅で下り普通を撮影。勾配を上ったり下ったりしながらやってくる列車を見ていると撮影魂に火が付きました。

15_08_29_2915 上りはカーブを描いて勾配を上がってくるシチュエーションが撮れる踏切へ移動して撮影しました。露出があればもっといい画になるんでしょうがね。天気だけが残念でしたね。この4本のみがこの日の昼の収穫でした。ちょっと消化不良の半日でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ   にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ   にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月14日 (金)

JR播但線で天空の城竹田城号を撮る

15_07_26_3983

 7月26日日曜日。ミツカミでニーナに間に合わず、スーパーいなばなどを撮ってお茶を濁して、播但線に移動しました。播但線での狙いはキハ40系天空の城竹田城号です。途中白鳥PAで昼食を取り、多少元気を取り戻しての道中は混むこともなく、楽に移動できました。神埼で播但道を下りて、寺前方面へと移動。長谷近辺で撮るつもりにしてましたが、寺前近辺を走って、いい感じに田んぼが広がっているところがあったので、そこで狙うことにしました。

15_07_26_3971
 さすがに非電化区間は本数が少ない為、いきなり本番のキハ40系天空の城竹田城号がやってきました。単行なので味気ないです。キハ40がJR各社から姿を消しつつありますが、JR西ではまだまだかなりの数が健在です。
 
15_07_26_4007 折り返しの和田山行きは少し寺前寄りに場所を移して撮影しました。
 
15_07_26_3992 この後、キハ189系はまかぜ3号がやってきますが、こちらはもっと場所を変えて撮ろうと思い、長谷方面へと足を向けました。いい感じにカーブを描いている井上踏切付近で撮影を敢行。その手前にはインカーブから迫力ある画が撮れそうなポジションもありましたが、3両編成なので、そこよりも踏切付近の方が良かろうと判断して移動しませんでした。
 
15_07_26_3997 ここではケツ討ちも楽しめるので、その利点は私的には大きいです。相変わらず成長なしの質より量を求めるタイプはいつまで経っても変わらないですね。
 
15_07_26_4042 この後はもはやネタも尽き、寺前駅構内の撮影などを楽しんで帰宅。福崎から乗った中国道は途中まで快調に走りましたが、西宮北付近から事故のため渋滞が発生。1時間ほど渋滞にはまって帰るのがやや遅くなりました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ   にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ   にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

ポチッとよろしく!

鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月)

ほくほく線ゆめぞらに乗る

121230hokuetsuhk1001022  2012年12月30日日曜日。浦佐駅見物後、六日町駅に戻ってほくほく線に乗り換えました。ほくほく線も乗り潰し済みですが、できれば撮り直ししておきたいところもあり、950円の別料金を支払って乗車しました。列車は普通列車ながら越後湯沢からの乗り換え客で六日町到着時点で既に超~満員でした。とりあえず大混雑の中、かぶりつき。トンネル駅である美佐島駅を動画に収めることができました。途中十日町でかなり空いて、席にありつけたので、ゆめぞらを堪能。なかなか芸が細かいですが、トンネルが途切れるところがあるので、途中で飛んでしまうところがあるのは残念なところ。新幹線開業後のポストはくたかになるようなほくほく線の救世主の登場を期待したいものです。

121230hokuetsu681w1ha 構内のポイントを渡ってほくほく線から上越線に入り六日町駅を通過する681系はくたか

121230hokuetsumuikamachi 六日町に本社と車庫を構える北越急行。特急車はJR直通のため金沢をねぐらとしている。

121230hokuetsumuikamachi2 よいお年を!の看板を持ったイメージキャラクターのうさぎのほっくん。帰省シーズンとあり子供向けのサービスだろうか。ポストはくたかに向けて色々な集客策が考えられているようだ。

121230hokuetsuhk100102 落雪対策としてフロントに防護用の金網が付けられ物々しい出で立ちで現れたHK100。

121230hokuetsuhk1001023 静かに乗りたい方はこちらへと案内されるのは・・・車端部に設けられたロングシート。デッキの外に設けられているので寒いかも・・・。

121230shinetsunihongi  直江津からは信越本線に乗り換えて長野へと向かいました。年末の昼下がりの逆方向の列車のため空いてました。途中脇野田で北陸新幹線上越駅を見物。架線柱が立っているのが印象的で、間もなく開業といった感じがします。もっとも架線は張られていなかったので開業まではあと1年ぐらいかかるのでしょうなぁ。二本木のスイッチバックも体験するも雨が降っていて視界不良でした。残念。北長野では大量に211系が留置されているのを見ました。115系の置き換えも目前といったところでしょうか。そう思えば乗り慣れた115系の旅路もこれが最後になるかもしれません。終点の長野に着くと大雨になっていました。

121230shinetsukitanagano 北長野に大量に留置されていた211系。春からは信越の顔として活躍することだろう。

121230shinetsu115n8 長野色の115系が見られるのもこれが最後になるかも?/直江津

ポチッとよろしく!

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日)

JR信越本線・弥彦線に乗る

121229yahikoyoshida  2012年12月29日土曜日。甲信越遠征第3弾。羽越線で新発田まで行って、新潟方面へは白新線経由で戻りました。来たのは115系原色編成。結構数がいるようですね。白新線はさすがに新潟へ向かう人で結構混み合っていました。

121229hakushinef5103  かぶりついていると対向で走ってきたレッドサンダーに遭遇。ありがたく頂きました。コンデジなので大した写りではありません。

121229shinetsu485t17ku7  新潟到着後は遅い昼飯・・・またしても朝に続いて立ち食いそばです。今度は構内の立ち食いでかきあげそばを頂きました。続いては東三条まで快速くびき野に乗車。朝に長岡から乗った編成が入線してきました。快速というより特急列車の風格です。乗っている人も旅人チックな人が多く、当然ながら18きっぱーも多い模様。とはいえ、帰省シーズンなので18きっぱーよりも帰省客が目立つ感じはあります。格言う私も18きっぱーの端くれではありますが・・・。加茂付近で蒲原鉄道跡を発見。後日撮ろうっと思いながら・・・結局撮れずじまいでした。また機会があれば廃線跡探訪に来たいと思います。

121229shinetsu485t17ku6 この日2度目の乗車となった485系快速くびき野

121229yahiko115l19  東三条からは弥彦線に乗り換え。以前に弥彦線は完乗済みですが、例のごとく乗り直しの旅となりました。弥彦線は0番線から出発。既に115系新潟色が入線済み。長閑なもので、発車間際になんぼか乗り継ぎがあったものの、閑散としたまま出発しました。三条市内をローカル線らしからぬ高架線で走り抜けて、上越新幹線との連絡駅燕三条に到着。ここで帰省客が大量に乗り込んで来ましたが、席が埋まる程度の乗りで収まりました。程なく終点の吉田に到着。

121229yahiko115y1 吉田駅で各線の115系と並ぶ弥彦線塗装の115系ワンマン電車

121229yahikoyahagi  吉田から弥彦までは弥彦線塗装の黄色い115系ワンマン電車に乗り換えます。吉田は運転本数こそ少ないものの、越後線新潟方面を軸に同線柏崎方面、弥彦線東三条方面、弥彦線弥彦方面が交わるため、時間帯によっては4列車が並ぶという姿が見られます。弥彦行き電車が珍しく1番線から発車。弥彦までのミニトリップはすぐに終わりますが、見所は結構あります。途中の矢作駅手前で弥彦神社の大鳥居が車窓右手に見えます。矢作駅もなんでか朱塗りの柱が立っており、神社チックな駅舎になっています。矢作から弥彦駅へ至る道中はなんとなく近鉄湯の山線の情景とよく似た感じがします。終点の弥彦は弥彦神社の社殿を模したような立派な駅舎があり見所満載です。

121229yahiko115y13  予定では弥彦神社にお参りして・・・と思っていましたが、寒さに勝てず断念。そのまま折り返し電車で帰ってしまいました。前回も同じくそのまま折り返しており、新潟県で一番有名な?神社である弥彦神社には参らずじまいで戻ってしまいました。次来るならもうちょっと気候のいい時期に来たいものです。

121229yahikoyahiko 弥彦神社の本殿を模した弥彦駅舎。列車の回数は非常に少ないが、駅舎の佇まいは一級品だ。

ポチッとよろしく!

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年1月 5日 (土)

JR信越本線・羽越本線に乗る

121229shinetsu115n2  12月29日土曜日。甲信越遠征1日目です。越後線で柏崎まで来て、ここから信越本線で折り返して長岡へ。後ろ原色の115系が来ました。6両つないでいるので車内は空いており、余裕で長岡までワンボックス占有。天気予報は雨とか曇りばかりでしたが、この日は見事に晴れてくれました。

121229shinetsu485t17ku2  長岡で下車し乗り継ぎ。ちょうど新潟行きがあったものの、これはパスして、次の快速くびき野に乗車。待ち時間に上越新幹線長岡駅を見物・・・こちらは後日紹介。快速くびき野は485系グレードアップ車を使用する豪華快速です。北越と何が違うのか・・・行き先が違うだけちゃうんかい!って言いたくなるほど快足で豪華な快速です。さすがに長岡からの乗車は多く、帰省での利用が多いようです。なんとか席を確保して新津までゆったり過ごしました。

121229shinetsu485t17ku3 快速列車のためシートカバーがない485系の座席。シートカバーがなくても設備的には十分特急と同じと言える。

121229uetsu110205  新津からは昨年も東北遠征帰りに乗った羽越本線に乗車。撮り潰ししてなかったので新津から新発田までかぶりついて撮り潰ししました。直流電化下ながらキハ110系気動車による運転で、新発田までの運転なら電車でもええんちゃうんと突っ込みを入れたくなります。

121229uetsushibata 新津から新発田へは羽越本線がショートカットする形になっているので意外に時間はかからない。新潟からは白新線経由がメインルートになるが、日本海縦貫線の貨物やトワイライトエクスプレスは羽越本線を経由して新潟をパスしている。

121229uetsu485r26inaho2 新発田駅で並ぶ485系いなほと新潟行きの白新線115系湘南色。この日2度目の湘南色との遭遇。国鉄色のリバイバル車は何編成かあるようだ。塗装費をケチるJR西とはえらい違いだ。もっとも西にはリアルに国鉄色の車両も残っているが・・・。

ポチッとよろしく!

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 4日 (金)

JR越後線を乗り通す

121229echigo127v10 12月29日土曜日。臨時急行きたぐにで新潟に到着。甲信越年末行脚の一番手は越後線です。まず新潟から吉田までE127系普通に乗車。6両編成のため車内はかなり空いてました。それにしても信越線と越後線を直通する電車て多いんですね。新潟駅のホームのやりくりの都合もあるのかもしれませんけど。新潟を出ると市街地を走り抜け丘陵地を走り、新興住宅地が並ぶ新潟のベッドタウンを走ります。越後線は信越線よりも住宅地が多く、都市間輸送が主体の信越線に対して通勤通学の利用が多そうです。さすがに折り返し電車が多い内野を過ぎると長閑な田園風景が続きます。とはいえ、吉田までは結構集落も大きく、利用は多いようです。

121229echigo115l9 小針では結構長い115系5両編成普通と行き違った。後ろの115系は長野色か?広域に車両が運用されているようだ。

121229echigobunsui  吉田以遠は2両編成の115系に乗り換え。ここからは編成両数も減るが、それ以上に本数がぐっと減る。8時39分の電車に乗ったが、これを逃すと12時35分まで電車はない。乗り遅れるとどえらいことになる。吉田以遠は長閑な田園風景が主体で、新潟らしい車窓が展開される。積雪の量もグンと多くなる感じだ。吉田以遠は国鉄末期の電化のため和歌山線などと同じく直接吊架式となっている。越後線と言えば地図を見ると海岸沿いを走るような印象を持つが、内陸部を走る路線で一度も海は見えない。中越地震などの時によく耳にした刈羽を過ぎると終点の柏崎も近い。吉田出発時は非常に閑散としていた車内も柏崎に近づくにつれて増えてきて座席が埋まる程度の乗りになっていた。これを逃すと12時過ぎまで電車がないので乗り遅れないようにしている人も多いことだろう。

121229echigo115y1 吉田駅で並ぶ弥彦線用の115系2両編成。黄色い115系は弥彦線の専用塗装となっている。弥彦線は全線でワンマン運転を行っている。

121229echigo115s22 柏崎駅に停車中の115系S2編成。2両ワンマン運転対応と見られるが、列車はツーマンで運転されていた。JR東日本は他のJR各社よりもツーマン運転が多い。

ポチッとよろしく!

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ JR西日本へ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)